日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷けられた… つらい…」

もしもあなたが、そう感じた時は、
どうか、思い出してほしい。


その人は、怖がっていたんだってことを。


自分が攻撃されるんじゃないか、って。
自分が傷つけられるんじゃないか、って。
自分の居場所が無くなるんじゃないか、って。

その人は、恐れていたんだ。


恐れから、冷静さを失うと、人は、様々な行動に出る。

その人が恐れ、苦しんで、
どうしようもなくなった結果が、

現象として今、あなたの目の前で起きているだけ。


だから。


抱きしめてあげよう。

愛してると伝えよう。


私は誰も傷つけたくはないんだ、と。

怖がらなくてもいいんだよ、と。


私たちは、戦いたくなんかないんだ、と。


傷つけられたからといって、
傷つけ返そうなんて、言わないで。


どうか、惑わされないでほしい。


私たち日本人は、そのような国民ではない。

私たち日本人の象徴である天皇陛下ならば、そのようなことは仰らない。


お金を得るために、権利を得るために、戦いたくなんかない。


平和のために。

いつか、世界中の人たちが、笑い合える日のために、
いつか、お金という概念が消えることのために、

今は、

地球環境を良くし、人の身体を正常に戻し、誰もが望んだように幸せを得ることに、

そのための手段へと、来る日も来る日も、力を注ぐ。

人に笑われても構わない。

私を誤解した人たちが、私の元を去るだろう。
私はそれでも構わない。


平和のために。



私たちはひとつ。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


……………………………………………


Scratch kicked the can ... painful ..."

When If you felt so,
How, I want you to remember.


The man, that 'Cause I was scared.


Do not you yourself being attacked, me.
Do not you yourself are hurt, me.
Do not you there is no place for him, me.

The man, I was afraid.


From fear, to lose his composure, people go on a variety of action.

The person is a danger, and suffering,
How even lost as a result try to be,

Now as a phenomenon, and only what is happening in front of your eyes.


So.


I'll hug.

Let's tell you that I love.


I'm not want to hurt anyone, and.

'm Good without scare, and.


We, I do not softened want to fight, and.


And just because injured,
It is! To return hurt, you do not say.


Whether, and please do not be misled.


We Japanese, not such a nation.

If we are a symbol of Japanese Emperor, it is not Osshara is such a thing.


To obtain money, in order to obtain the right, but not something to want to fight.

For peace.

Someday, people all over the world, for the laughter dress day,
Someday, for that concept of money disappears,

Now,

That to improve the global environment, successfully returns the body of the people, to obtain happiness as everyone wanted,
Very hard I pour the force.

I may be laughed from people.

I who misunderstood me, leave from me,
I do not mind such a thing.


For peace.


We are one.



Even today,
Fortunately I live country of Kotodama
Taking advantage of me,
Thanks you. Aiko


スポンサーサイト

ブログの更新、大変ご無沙汰しております。
いかがお過ごしでしょうか?


私が最近、感じてきて、確信に変わりつつあることがあります。

それは、


「すべてのことは、ある日、突然に起こる」ということ。


そう、今日のブログの更新のように(笑)



「こんな突然、こんなに嬉しい出来事に出逢えるなんて感激!」

もしくは、

「こんな突然、こんなに辛い出来事に出遭うなんてショック…」


けれどこれは、

突然起こるというよりは、
突然《気がつく》

と言ったほうが、より正しいかもしれません。



明日、1月17日。
阪神淡路大震災から、今年でまる20年が経過しました。

先立って成人を迎えた青年たちが、ちょうどこの世に誕生した頃のこと。


もうそんなにもたくさんの月日が流れたんですね…
沢山の、犠牲になられた方々の人生、肉親の方々や、当時現場におられた方々の痛み…

慎んで、哀悼の想いを寄せさせていただきたいと思います。


私たちには、時として、予測不可能な出来事が、ある日突然に襲いかかります。

だから…
それを教訓と呼んで良いのか、とても言葉が難しいですが、
とにかくも、私たちは生かされたから、残されたから、

この命を精一杯生かしきることに、力を注ぎたいと思います。

どう生き、どう死ぬのかを。


だけれど、すべてのことがある日突然起こるからといって、
予測できないと簡単に考えてしまうことには、ちょっと慎重になりたいのです。


たとえば、こういうケースはどうでしょうか。


ある日突然に、交通事故に遭う。

でもよくよく省みてみると、認識していなかっただけで、実は以前から、何らか自分の不注意が重なっていた。


ある日突然に、病に倒れる。

でもよくよく省みてみると、知らなかっただけで、いずれ病気が発動するような、生活習慣を送っていた。


ある日突然に、人から心無い言葉をぶつけられる。

でもよくよく省みてみると、知らず知らずに、人を傷つけるような言動をとっていた。


ある日突然に、人からあなたっていつも素敵ね、と褒められる。

でもよくよく考えてみると、近頃は心から楽しんで日々をがんばっていた。


ある日突然に、出口の見えないトンネルから明るいところへ抜け出した。

でもよくよく考えてみると、毎日諦めず腐らず、前へ前へと進んでいたからだ。



実は自分の行動パターンに、その、ある日突然を引き起こす原因があった。

起きる出来事は、自分の写し鏡…


それを理解するところから、実は、
あなたが本当に、あなたの命を輝かせて生きる道が始まるのかもしれません。


必ずしも起きた事象と、原因が完全一致しないまでも、
目に見えない形で積み重なった何かによって、

ある日突然、自分の目の前に、その結果がぼんっと姿を現してくる。


それは、突然に見えて、ほんとうは突然じゃなかった。


そういうことが、実は、
私たちの日常の大半を占めているのじゃないかのかなって。


災害に関しても、起こったことは、もうその時点では私たちにはどうすることもできません。

でも、その前後で私たちが取る行動は、選べるのだと思います。


災害経験を経て、例えば私たちは、
少しでも自然を壊さない生活ができないかと、実践し始めたかもしれません。

また、起きた場合、各家庭では、
非常食や貴重品をまとめておくという備えをするようになりました。


避難所で支給される食糧には、カップめんやコンビニのもののように栄養価の乏しいものが多いことから、
非常食で自分たちで備えるなら、サプリメント等の栄養をしっかり補給できるものにしようという教訓も得たと思います。





私たちの目の前に広がる現実を、まるで、
変えられない運命のように、諦めている事、案外多いのかもしれません。

でもあなたが変えられないと思っていることは、本当に、本当に変えられないのでしょうか?


私は、多くのことには、必ずそうなる原因があり、
それに気づけたならば、変えられる方法があると思っています。


私も、3年前のある日突然、父が倒れたときは、恥ずかしながら、
病気とはある日突然、運悪く訪れるものだと思っていました。

そして、運悪く訪れたら、お医者さんに治してもらうだけのことだと思っていました。


でも、1年半前のある日突然、母の乳がんが発覚したとき、初めて、
運悪く訪れるものではなく、原因があり、人任せにするのでなく、もっと自分事としてちゃんと知るべきだと思いました。

そして、そもそも人の身体はどのように出来ているのか、
健康ということの、根本を捉えるようになりました。


そうでなければ、取り返しのつかないことになる、
そんな危機迫る予感を感じたのです。


そうしたら、様々なことの本質が、見え始めました。


ほとんどすべてのことには、原因があったんだなぁと。


身体のことに関して言えば、
その後これをきっかけにサプリメント管理士を取得した立場から申し上げると、

冷え性、肩こり、低体温、肌荒れ、便秘、ありとあらゆる、
私たちが単なる《体質》だと認識して放置してしまっている、

病気の前の未病、《不定愁訴》は、
そのままにしておくと、間違いなく、いずれ病気となると分かっているもの。


しかし目の前に有無を言わさぬ病気として起きてくるのは、「ある日、突然」なのです。


私の父の場合も、少し前から、便秘だ便秘だと言っていました。


今はわかったのです。

こういうことは、変えられるものだ、ということを。



変えられないことを受け入れる力と、

変えられることを変える力、

そして目の前の出来事が、そのいずれにあたるのかを見極める力。


ぜひ、身に着けておきたいものですね。



大切なあなたの命のために、大切な家族の命のために、人生のために、
生かしていただいている、この世界のために。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子

知ることは、やっぱり大切。

でも知る前に、
「何のために知るのか」ということは、もっと大切。


間違い探しや、誰かを責めるためじゃない。

どうすれば、今よりも、
良くなるか、融和するか、


だから、どう生きるのか、何を選ぶのかを、
決めるために。



知れば知るほど、

正しさと誤りに、境目など無かったと気づく。


正しい、誤りと、答えを出すのはもうやめよう。
ただ、融和のために、どうしていけばいいのかだけを考えたい。



ブログ、ご無沙汰しておりました。

10月1日ですね。


私にとっては、
社会に出てから十数年暮らした実家から、住まいを移す日。

私の勤める会社にとっては、
新年度のスタートで、私の勤め先も移ることになりました。


そんな中、朝、一本取材に行っていました。

中国人殉難者慰霊祭。


中国にとっての、建国記念日に、
日本では、中国人殉難者慰霊祭を執り行う。


日中友好協会の方々は、
「戦後約4万人の中国人が、日本へ強制連行され、労働を強いられた」
と仰いました。

ここ新居浜でも、別子銅山にて、
過酷な労働を強いられた中国の方々が大勢亡くなられたのだと。


それは大変に胸の詰まる事実です。


しかし一方で、台湾の友達は、
みんな日本人に感謝している、他のアジアの国々も、
今があるのは、日本のおかげだと思っていると、言ってくれます。



日本は素晴らしい国だと私は思っています。
日本人は、融和の才覚に最も長けていると思うからです。


ただし、すべての物事がそうであるように、
絶対的正しさなど、日本にも無い。


いつもそうだけれど、

本当の目的、目指す世界と、

そのために今すぐとる手段は、

まるで逆のものにさえ、見えたりするんですよね。



諍いをするためじゃなく、
融和するために…









今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


ただいま東京より、帰路についているところです。

今日はこれまでのどんな滞在よりも、
充実の東京でした。


それもこれも、まずは早起きのおかげ。


早起きは三文の徳とは、本当によく云われたものです。


三文の徳の三文とは、今の価値でも概ね30円とか40円くらい。

ん?あまりお得じゃない?

と感じられますよね。


でも、早起きしただけで、30円40円入ってくるとしたら、
冷静に考えるとやはり、お得です。

毎日早起きだと、毎月約1000円です。


ものすごいお得だから、早起きしましょうね!
というよりは、

得と思うかどうかはあなたの心持ち次第だけれど、
丁寧な気持ちで考えれば、やはりお得なことなのですよ、

という意味ではないでしょうか。


また、得と書かずに徳とされているところも注目ですね。



今日の私は、まさしくそんな感じでした。


別に、得するから、という気持ちで早起きしたわけではなく、
いまこの1日を振り返るとき、結果として、
とっても有意義で喜びに満ちているから、

あぁ…やはり三文の徳であったなぁ…
という感覚です。



朝4時に起きて、まずは靖国神社に向かいました。



7時集合で皇居ランに参加する予定だったため、
ランニング姿での参拝となったことだけが少し残念ですが、

大切なことは、形よりも心。


実は私と同じく、6時の開門を待ってらっしゃる方も、
比較的ランニング姿の方が多かったです。

開門まで時間があるので、慰霊碑をじっくりと拝見させていただきました。


常陸丸殉難記念碑。
田中支隊忠魂碑。

辺りには誰もいません。
声を出して、その隣にある説明文を読ませていただきました。





当時の言葉で、実況中継するかのごとくの文面で、
読めない漢字や、意味の分からない言葉も出てくるのですが、

それでも、次第に、目頭が熱くなってきました。


周囲にいた鳥たちが、急に大きな声で鳴き始めました。
一羽や二羽ではありませんでした。


もしかすると…
声に出して読み上げる人などそうそう無く、

英霊の皆様に届いたのでしょうか。


届いてほしいという気持ちで、
少しばかり、ハリのある声で、読ませていただいたのでした。


さて、そろそろ開門のとき。


待っていると…
さぁ!今!という時、真っ白な鳩たちが、沢山たくさん、

門の上に集まってきました。

と、それに感激している間もなく、



6時になると同時に、

ドン!ドン!ドン!ドン!

なんとも言えぬ太鼓の音が鳴り響き続けます。


これではどんな人でも、荘厳な気持ちにならざるを得ません。


私や他の待っていた方々も、
ますます本氣になり、背筋をピッと伸ばして、

綺麗な一礼と共に中に入らせていただきます。


そして、真っすぐと脇目もふらず、本殿へと颯爽と進みました。

本殿前に到着する頃、太鼓の音が消えました。


私は心静かに、けれど強い気持ちで、
しっかりと二拝二拍手ー拝。


これまで生きてきた中で、
最も高らかな、良い柏手の音が響いたのでした。

よかった…
ここに来られて…

開門前に来られて…


そして、私たちの参拝が終わったあと、
中におられた警備の方が、参拝していらっしゃいました。





本当に清々しい気持ちで、靖国神社を後にしました。


その足で今度は皇居を目指します。

二重橋前で、コーチングの平本あきおさんやそのお仲間と、
皇居ランをしようというお約束が、7時だったのです。


東京に出てくることがあったらまた連絡してね~!と言ってくださってたことが気になっていて、
今回の東京出張をお伝えすると、

初日の夜参加したフセンセミナーと、このランに誘ってくださったのです。


セミナーはともかく、
ランなんて…私にはちょっと、ありえません。

実は私は、心臓があまり強いほうではなく、
というのは言い訳ですが、

この10数年余り、思い起こしても、走るということをした記憶がありません。


けれど、皇居ラン…という響き。

早朝の皇居の空気も感じたいし、皇居ラン…と云われると、
なんだかどうしても行ってみたい気持ちになり…

第一、私は、基本的に、
誘われたら必ずそこに意味があると感じ、

可能な限り行くように努めるほうなのです。


ということで…あり得ないのだけれど、行ってきました!







これは…


楽しい!!

皆が居てくれるから走れる。

皇居という素晴らしい環境だから走れる。


スタートした瞬間から、あ、もう脚動かないかも(笑)
と思ったのですが、前に前に行こうとすると、次第に慣れてきます。


結果、一周5kmのところ、2kmまでは走りました。

残りは歩き。

たったの2km?!と言わないで~
私には、これまで、1kmがやっとだったんです。

自己新記録を、倍の記録で更新してるんです!

これは凄い!

とっても爽やかな汗と気分で、
再びホテルに戻り、サッとシャワーを浴びてから、

今度は渋谷へ、スキンケアのセミナーに。


このセミナーも実は…

ものすごい衝撃でした…


美容部門の最高峰の方が、
「週に1度の正しい洗顔で、医薬ピーリング同等の効果を促す方法」

を教えてくださったのです。



気をつけるポイントが、沢山ありすぎて到底覚えきれませんでした…
ので、その方の出版されている本を購入しました。

とにかく衝撃でした。


ターンオーバーの改善は、ピーリングでしか出来ない、
と多くの美容関係の方は思ってらっしゃると思いますが、

単に洗顔だけで…
それを覆すことができるのです。


高いお金をかけるというものでもありません。
本当に、驚きでした。


私は、

【それぞれの人が、生きている間、一生懸命それぞれの使命に向かって、
輝き生きるためには、自分自身の心の扱い方と、身体の扱い方を知っていなければならない】

と考えています。


心技体。


どんなに心は清らかで希望に満ちていても、
身体が不健康では、心に描いた通りの動き方は出来ません。


どんなに身体は健康でも、
自分はこの世界に必要のない人間かもしれない…なんて思っていたら、
本来の役割を果たせまん。


心と身体のバランス。
自分自身の原材料を知り、取り扱い方を知る。


それで初めて、
真に自分の求める使命へと邁進できると実感しています。


ランが出来たのは、皆さんが居てくださる安心感と皇居の雰囲気は心の影響。

加えて、運動は出来ていないけれど、
自分の身体を構成する原材料を意識し、

大気にも水にも栄養素にも、
感謝しながら良質なものを摂ってきたから。かもしれません。

運動を日頃からしていれば…
一周全部走れたかもしれませんが(笑)


その意味では、美容面は、
どちらかというと、身体よりも、心に効くのかもしれません。

肌表面の改善は、身体の改善には繋がらないけれど、
特に女性は、肌が綺麗になれただけで、気持ちが本当に明るくなりますものね。



そのまま、コロコロを転がしながら、
明治神宮へ向かいました。





ここでは、大変素晴らしい氣が出ているのに反して、
訪れる人たちの空気が、完全に観光気分。

原宿という場所柄もあるかもしれませんが…


半数以上と思われる人たちが外国人の方々。
これは良いことです。

日本人の心に触れてみたい、と訪れる方が多いのです。

ひとつの王朝が途絶えることなく続く、世界唯一の国、日本の不思議。


日本国民から慕われ続ける明治天皇とは、どのようなお方かと、
少なからず期待されていらっしゃるわけです。


そこで参道には、本当に数々の、
明治天皇と昭憲皇太后様のご功績、その慈愛に満ちたお言葉、行動の数々が、

日本語と英語で、ずっと掲示されています。





私たちは、いよいよという気持ちで、
本殿までの長い道程を行きます。


しかし。

もうはじめから氣づいていたのですが、
参拝客の様子が、あまりにも良くない。

外国人の方ではありません。
外国人の方はよいのです。何も知らないのだから。


日本人がよくないのです。

それぞれの鳥居をくぐる前の一礼も、
帰り出させていただいた後の一礼も無い。

そもそも、手水も殆ど誰も使っていない。

驚いたことに、結構年配の方でも、です。


私はとても口惜しい気持ちになりました。


外国人の方がとても多く、
本来の神社の歩き方をしない人のほうが多い。

だからといって、その雰囲気に、流されているようなのです。


日本人ばかりで、ある程度それらの作法をする人が居れば、
それはそれで、真似をして、作法をする人のほうが多いという状況が生まれます。

反対のことが、明治神宮では起こっていました。


本当に口惜しい。


外国人の方が多いからこそ、
日本人の本来の作法、作法とは心の在り方が自然と形に現れることですが、

それを見ていただくべきであるのに。


鳥居の前で1度止まり、一礼する日本人を見て、
おお、これが日本人であるのか、と、

本殿前で90度の拝を行い、高らかな柏手を打つ日本人を見て、
おお、これが日本人であるのか、と、


見ていただくべきであるのに。


婚礼の儀だけが、注目の的になるのでなく、
そうした日本人の当たり前の所作に、ハッとしていただけるよう…



天皇陛下を象徴とした私たち日本国民の在り方を、
この明治神宮などでは殊更に、改めて考える場であるはずなのに。


このようなことは本当に、
親から子へと、ずっと、伝承されていってほしいなぁ…
と、心から、願います。


私は、精一杯、背筋を伸ばし、
日本人としての感謝と誇りを胸に、歩きました。


また、御苑では、
昭憲皇太后様も、時に釣りを愉しまれたという池を見ることが出来ました。



近くに、集まってくる鯉たちを見ていると、気がついたら自然と、
鯉たちを喜ばせたい気持ちになって、

「ごきげんよう。皆さん、お元気でしたか?」
と言っていました。


この鯉たちも、きっと、皇太后様にお目にかかりたいだろうに…



そう思うと、皇太后様ならばこのようなお声をかけるのではないだろうかと思うことを、
言っていました。


変な人ですよね(笑)


でも、靖国神社で慰霊碑を読み上げたように、鯉に声をかけたように、
自然や動物や、特に神社のような場所にいるときは、

その場所にいらっしゃる自然、動物、目には見えない方々、物事に、
少しでも喜んでいただくために、足を運んでいる、

そんな氣が、自然と湧いてくるのです。


そして、日本では特にそのとき、
音が鍵になると知っているから。

声に出して、表現します。



今日は1日で、
みっつの初体験をしました。

初めての靖国神社参拝。
初めての皇居ラン。
初めての明治神宮参拝。

この意味では、三文の徳…

どころでは、ありませんね。


あまりに沢山のことがあった1日で、
ずいぶんブログが長くなってしまいました。

もうすぐ、岡山です。
今夜は早く眠ろう。そしてまた、朝早く起きよう。


明日も引き続きの初体験。

ことだま講師としての、セミナー開催日です。


今の等身大の自分を、皆さんに感じていただけたら、と思っています。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






私は幼い頃から、なぜだか、


男女が結婚ということをするときは、
必ず、

男の人がしたいということを言い、
女の人はそれにしたがってゆくもの、

と、思っていました。


誰に教えられたわけでもなく、
周囲にそのような事例が多かったかどうかもわからないような時から、

なぜだか、そのように思っていました。


たとえ、
女の人から言い始め、女の人のほうが結婚しようとしても、
きっとうまくいかないものだろうと、思っていました。



私は、社会的な役割の中でも、比較的、
いつも男まさりに考え、行動するほうで、

そのような、まるで控えめな女性のような考えが、
似つかわしくないようにも思うのですが、


男女の結婚、というところに関してだけ、
どうも、その考えが、頭を離れてくれません。


それ以外の部分では、主体的・積極的な自分なのに、
その部分に関してだけは、常に、男性にお任せしようとしてしまうのです。


これがどうやら、時代の流れと逆行している様子ですが(笑)



ずっと不思議だったのですが、

はじめて古事記に触れたときに、

なるほど…!と驚きました。


日本という国土を形づくった、
男神イザナギ・女神イザナミ。

二神は神聖な柱を立て、広い御殿を建てました。

その神聖な柱を互いに回り、出会ったところで、結婚することにしました。


イザナギは左から、イザナミは右から回って、二神が出会うと、

イザナミが先ず「ああ、なんとすばらしい男性でしょう」と言い、

その後にイザナギは「ああ、なんとすばらしい少女だろう」と言いました。


その場所で結婚して、イザナミは子を生みました。

しかし、それは不具の子。うまくいきませんでした。


自分たちが生んだ子が不吉だったので、二神は高天原に上って、天つ神にその理由を尋ねると、

天つ神は、

「女が先に言葉を発したので良くなかった。改めて言い直すように」と諭しました。


二神はまた前回と同じようにに天の御柱を回り、

今度はイザナギが「ああ、なんと可愛い少女だろう」と先に声をかけ、

イザナミが「ああ、なんとすばらしい男性でしょう」と答えました。


このように言い終わって結婚して最初に生まれた子が淡路島。

次に、身体は一つで顔が4つある四国を生み、
次に三つ子の隠岐島を生みました。

次に築紫島(九州)を生み、
次に壱岐、対馬、佐渡島を生み、

大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)を生みました。



女性から声をかけるとうまくゆかず、
男性から声をかけてはじめて、その後もうまくいった。

この古事記の出来事が、
ひょっとすると、

私の感覚の根底にあるものなのかもしれない。


そう思うと、この部分だけ受け身な自分のことも、
まぁ許そう、と思えるのです。

こればかりは、自分が許しても仕方ないですが(笑)


だけれど、不思議ですね。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。