日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和天皇が終戦時、
マッカーサー総帥に対し、

自分の命はどうなってもよいから、どうか国民が飢えぬよう、
米国の支援をお願いしたいと深々と頭をお下げになり、

マッカーサー総帥はそのお人柄に驚き、

日本国民の結集力、強さは、この象徴である人物を掲げた国であるからだったのかと、
痛く感心なされた。


このお話は、近年若い方も少し知るところとなったと思います。

私も初めてこのお話を知ったとき、
何とも言えぬ日本人としての感激を憶えました。


しかし陛下にとっては、その御言葉は、
何の特別なこともない、あたりまえの御言葉であったのかもしれません。


終戦前にも、陛下は苦渋の選択を下しておられました。

御前会議。

終戦を決めることとなった8月9日の御前会議では、
総理大臣司会のもと、外務大臣、各軍最高責任者らが意見を述べ、

外務大臣以外は、

一億総玉砕となろうとも、戦い抜くことが日本の名誉だという意見で一致します。

そこで総理大臣は、陛下にご意見を求めたのです。

ご意見を求めてはいけない御方に。


陛下は、こう話されました。


「太平洋戦争が始まってから、陸海軍のしてきたことをみると、予定と結果が、大変違う場合が多い。
大臣や総長は、本土決戦の自信があるようなことを、先程も述べたが、
しかし侍従武官の視察報告によると、兵士には銃剣さえも、ゆき渡ってはいないということである。

このような状態で、本土決戦に突入したらどうなるか、非常に心配である。

あるいは日本民族は、皆死んでしまわなければ、ならなくなるのでは、なかろうかと思う。

そうなったら、
どうしてこの日本を子孫に伝えることができるであろうか。

自分の任務は、
祖先から受け継いだこの日本を、子孫に伝えることである。

今日となっては、
一人でも多くの日本人に生き残ってもらって、
その人たちが将来再び立ち上がってもらうほかに、この日本を子孫に伝える方法はないと思う。

このまま戦を続けることは、
世界人類にとっても不幸なことである。

自分は、明治天皇の三国干渉のときのお心もちをも考えて、
自分のことはどうなってもかまわない。

堪え難いこと、忍びがたいことであるが、
かように考えて、この戦争をやめる決心をした次第である…」


日本国民と、さらに世界人類のために、自分のことはどうなっても構わないという、
陛下の広大無辺なる御仁慈に、ただただ皆ひれ伏したといいます。


陛下は更に、

国民がよく今日まで戦ったこと、

軍人の忠勇であったこと、戦死者戦傷者に対するお心もち、遣族のこと、
外国に居住する日本人、すなわち今日の引揚者に対し、
戦災にあった人に対して、御仁慈の御言葉を述べられました。


陛下のお言葉が終わると、
総理は立って陛下に入御を奏請し、

陛下はお足どりも重く、室をお出になられた。


午後11時より始まった御前会議、
この時既に、午前2時になっていました。


どのような時にも立憲君主制を貫き、
政治に御意見されることのなかった昭和天皇、
間違いを犯したと、後にこの時のことを語っておられるそうです。


しかしこの御言葉が無かったならば、
いま、恐らく私はここに存在していないでしょう。

あなたも、あなたのご家族も、国民すべて、
あの時で、何もかも終わり果てていたのかもしれないのです。



戦中戦後の、昭和天皇のお暮らしぶりをご存知でしょうか。


戦前昭和天皇は、
明治時代に落成した明治宮殿に住まわれていました。

昭和18年、
大型の爆弾に耐えうるようにと、防空施設・御文庫が造られました。

昭和天皇は午前中は表御座所で政務をされ、
午後はこの御文庫でお過ごしになりました。

御文庫の広さは1,320㎡。
地下1階と地下2階があり、両陛下の居住スペースのほか、
侍従たちの部屋や映写室、ピアノ、ビリヤードなどがあったそうです。

1トン爆弾に耐えうるよう、屋根の厚さ3m。
コンクリート層、砂層、コンクリート層の3層構造をしていました。


やがて戦局が悪化するにつれ、
御文庫でさえ危ないということになり、
御文庫のそばに新たな防空壕を造られました。

御文庫附属室です。

附属室は地下10mのところにあり、広さは330㎡。
会議室が2つと控室、機械室があって、それぞれ1mもの幅の鉄筋コンクリートの壁で仕切られていました。

御文庫附属室は50トン爆弾に耐える能力を持ち、
御文庫も6トン爆弾に耐えられるよう補強されました。


昭和20年5月、
米軍機B-29が、実に250機来襲し、焼夷弾を投下。

東京では16万戸が全焼し、皇居も大きな被害を受けます。


大小27棟もの明治宮殿も、全焼。


その知らせを聞いた陛下は、

「そうか、焼けたか。これでやっとみんなと同じになった」とつぶやいたと云われています。


翌日、その焼け跡を昭和天皇がご覧になります。
同行した警衛局長は焼失を詫びますが、

陛下は、
「戦争のためだからやむを得ない、それよりも多数の犠牲者を出し、気の毒だった。残念だったなぁ」とおっしゃったそうです。


以降、やむを得ず宮内省第2期庁舎を仮宮殿とし、
政務はそちらで、居住は御文庫という状況になりました。


広島、長崎に原爆が投下されると、
いよいよ皇居にも原爆投下されるのではという憶測も流れ、
両陛下は地下の御文庫附属室へ避難されます。


先にご紹介した、
8月9日と14日に御前会議が開かれたのもこの場所です。


そして、終戦。


東京は一面の焼け野原でした。

両陛下も御文庫での生活が続いていました。


しかし、この御文庫、
天井に詰めた砂は、建設当時雪が積もっていた砂をそのまま詰めてしまっていて、
溶けた水が、何年も経ってからコンクリートから浸み出し、ぽたぽたと落ちてくるのでした。


同じく御文庫附属室は地下深くにあったため、
そこから伝ってくる湿気も酷いものだったといいます。

スーツを吊るしておくと、一両日のうちに完全に湿ってしまったのだとか。


こんな場所に陛下を住まわせてはおけない、と侍従は御所の新造を提言しますが、

陛下は「世の中には住む家の無い人もあるのに、私にはこれだけのものがあるのだから」とあっさり却下。

せめて修理をと、調査すると天井裏からドラム缶2本半もの水が出てきたのだとか。

再三にわたり陛下に新造を奏上するも、陛下はこれに応じませんでした。


そして日本は、
戦後の混乱期を乗り越え、高度経済成長期を迎えます。


昭和34年、皇太子殿下御成婚で、
世間はミッチー・ブームに沸きますが、

その時もなお、
まだ両陛下は御文庫にお住まいになっておられました。


それからさらに2年、
終戦から、実に丸16年が経過して、

ようやく新たに建てられた吹上御所にお移りになったのです。


吹上御所は延べ1,504㎡。
鉄筋コンクリート2階建ての洋風建築。

「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」と、
この年還暦を迎えた陛下はおっしゃったのだそうです……





このような事実を、
私たち日本国民は、どれほど胸に刻むことが出来ているでしょうか。


神の国日本、という言葉…


私たちは、名実ともに、ずっと護られてきました。


私たちは、志高く、

身近な方々のために、地域のために、日本のために、世界のために、
あらゆる場面で、誇りの持てる選択をしたいと思います。

戦争においては、
私たち日本人こそが、その抑止力となるべき存在です。


大切な、日本人として生まれたことのお役目を、
思い出しましょう。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


スポンサーサイト

『笑顔って、素敵なものですよね』

この言葉に、いいえ、と答える人は、あまり居ないですね。
笑顔とは、万国共通で、素敵なもの。


笑顔が魅力的な理由。

そんなことは、私よりもきっと、皆さんのほうが、よくご存知だと思います。


だけれど私がそれを知ったのは、まだ最近のことです。


東北から帰ってきて、すこしずつ、
自分の中でいろんな思いが湧いてきます。

心を打つ笑顔に出会って、
本当のじぶんを少し、書いてみたくなりました。


私が接した東北の女性たちは特に、
とても明るくて、元気で、笑顔がとびきり素敵でした。

ほんとうに、元気を貰いに行ったようなもの、というくらいに。





けれども本当は、明るく元気である、はずがないのです。


三陸沖の方々は皆、それぞれ、
肉親を亡くしていたり、近所の人を亡くしていたり、

家を無くしたり、持ち物すべてを無くしたり、

人を助けられなかった、事態を防げなかった、という悔しさに、
自信も、自分の存在意義も、感じられなくなっていたり…


ひとりひとり、本当に辛い思いをされています。


乗り越える、
などというようなものではありません。

それらもみんな、すべて、
彼女らの心の中にずっと、生きているのだと思いました。


すべてを含んだ、そのうえでの、あの、とびきりの明るさ、優しさ…


それがわかるからこそ、
その笑顔の美しさ、明るさに、感動し、泣けてしまうんです。



だけれどそれは実は、東北の方に限ったことではありません。

笑顔の奥のストーリーを、知らないだけで、
本当はどんな人でも、

うまく笑えないけど、笑おうって、
努力しているところが、きっとあるんだと思うんです。


どんな人も、人に言えない辛さ、痛み、苦しさを抱えていますよね。

それでも、笑う。
笑顔を誰かに、見せる。


そんな、それでも笑おうって頑張りを含んでいる、
そんな時があるからこそ、笑顔って、どこまでも人を魅了するのかもしれません。



3年前までの私には、それが全くわかりませんでした。

笑顔が素敵という意味もわからなかった。

自分の存在価値を、感じられていなかった。


人の笑顔をいいなと思うことはあっても、自分自身は、
決して、歯を見せて笑うことなどありませんでした。

どんなに楽しい時でも、です。


3年以上前の写真を見ていると、ことごとく、どれも、口を硬く閉じて、
決して歯を見せようとはしていません。







この写真の頃までが、ターニングポイントだったように思います。

この後くらいから、歯を見せて笑うようになってきました。


この頃までの私は、

【人に弱みを見せる=つけこまれる。危険】という発想の持ち主でした。


だから、楽しい時も、失意の時も、決して油断することがありません。


特に、本当に自分が壊れそうな程辛いことがあった時…

『このくらい、何でもありません。全く平気です。』
というような顔をするように、出来てしまっています。


これは恐らく、
小さな頃にあった、いわゆるイジメというものが原因だったように思います。

イジメられて、辛そうにしたり、弱っていたりすれば、
余計に面白がって、つけこまれて、もっとエスカレートするに違いない、

平気なフリをして、気づかないフリをして、
なーんだイジメてもつまらない、という風にしなくちゃ、

という意識が、自動的に働くように出来てしまっていました。


今では、
歯を見せて笑顔になることは、出来るようになりましたが、

未だに、
ここぞという辛いときには、やはり、辛くないフリをすることが染みついています。


辛いとき以外でも、比較的、
ネガティブな発想の上に、予防線を張ろうとするところがあります。


道に迷ったときほど、よそ者と思われ狙われなよう、
迷ってないフリをしてスタスタと歩いたり、

都会を歩くときは、むしゃくしゃしている人の神経を逆なでしないよう、
暗い顔をして歩いたり、


気がつけば、そんな、フリをする癖がついています。



そんな私だからこそ、
笑顔を、存在価値を、求めていたのだと思います。


欲しい、欲しい、欲しい…

けれど、苦しくなっていく一方だった。


だからこそ、

『皆がどれほどこの世界に必要な人か』
を教えてくれた、ロックバンドおかんに、一生懸命になったし、

『あなたがどれほどこの世界に必要な人か』
を私が人に伝えられる手段に今、一生懸命になっている。



笑顔は、

自分の悲しみを越えて尚、それでも、
目の前の人を元気にしたいという、祈り。


笑顔は、

言葉がうまく伝わらなくても、それでも、
あなたとなんとか心を通わせたいという、愛。


沢山のことが込められているから、
笑顔って、世界中のどんな人をも、魅了するんだなぁ~。


そういえば、いま、こんなことを思い出しました。


中学の頃、
国際交流派遣団として、オーストラリアに行かせてもらった時、

私の考えたスローガンが採用されて。

その時の言葉は、

『Let’s find a same smile~同じ笑顔を探して~』

でした。


笑顔に憧れていたんです。
素直に笑えない私だから、とても憧れていました。

笑顔はきっと、共通言語だって、信じたかったから。



今なら、わかる。

笑顔が、魅力的な理由。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子







昨夜は久しぶりに自宅のベッドで眠ることができ、
身体が休まり、幸せな朝を迎えました。

と同時に、ちょっぴりさみしい感覚。


そのまま会社に行き、
アナウンス業務や資料整理などをして、帰宅。



行くと身近に感じる。会うと身近に感じる。
感じる心はあるはずでも、行って会えば、もっと身近になる。


新居浜市民の会の皆さんと、運転を交代しながらの、全行程車移動。
愛媛県新居浜市を出発して、渋滞を避け、北陸道経由で東北へ向かいました。


東北だけでなく、富山や新潟など、
足を踏み入れたことのない土地に立ち寄ることができて。


新居浜に帰ってから、
ニュースで新潟で事件があったことや北陸道で事故があったことなどを知り、
途端にそれらの出来事も、身近に感じるようになるから、不思議です。



宮城県唐桑、つなかんのお父ちゃんも言っていました。



「津波は根こそぎ色んなもん奪って行ったよ。
 んだけんどさ、それが無かったら、こんな何も無い土地さ、
 あんたら来てくれんやったでっそ。
 色んな人がいっぱい来てくれるからっさ、それは津波があったからだもんね。」

確かに、震災がなければ、宮城県や岩手県、福島県という土地には、
もしかしたら、一生行くことはなかったかもしれない。



南三陸町の佐藤さんは、新居浜市民の会の近藤隊長に、

「本当に皆さんにはよくしていただいて、感謝しかない。
 愛媛で何かあったら、僕ら何か助けになりたいと思うけど…できるか自信がない。
 他の地域を助けるくらいになりたいっていうのが、復興へのひとつの原動力になる。」


と話していましたが、近藤隊長はハッキリと答えていました。

「何か返そうなんて、まっっったく、気にしてもらわなくていい!
 僕もここにいるメンバーも皆そうだけど、皆ね、好きでやってるから。
 やりたくてやってるから。本当よ。勝手に好きなことをやってるだけ!」と。


私はまさに近藤隊長が私の気持ちを代弁してくれたようで、
またまた何か溢れて来て泣いてしまった。


帰りの車の中で近藤隊長は更に言っていました。
「僕も他のメンバーもそうだけど、こんな出来事でもなかったら、火がつかなかったら、
 余生をせいぜい畑いじりして、ああでもないこうでもないと言いながら、家族に煙たがられておしまいよ。
 それがね、あんなに現地で喜んでもらえて、新居浜に帰ってそれを話せば、新居浜の人にもわかってもらえて、
 おかげで皆生きがいをもらってると思うよ。」と。


でもそう言いながら、市民の会のおじさま方は、本当に元気で生き生きしていて、楽しい!

最初は、私の父と同じくらいか、それ以上の年齢の方ばかりなので、少し不安もありましたが、
優しくて元気で陽気なおじさま方との旅は、私も本当に楽しかった!

本当に、人って、あったかいなぁと思います。


だけど本当に、そうなんですよね。

私自身、自分の気が済むように、行かせてもらっただけ。

ずっと、ずっと、ずっと、3年間、行きたくても行けなかった、やっと、行く用意ができた、
何の役に立つはずもない自分が、ただ行って、皆さんと少し、言葉を交わして帰るだけ。

何かの足しになったり役に立ったりするわけがない。
それでも行くのは、「行きたいから」。それしかない。

自分が行きたいだけなんだ。
だから、御礼を言っていただくようなことでも、お返ししたいと思ってもらうことでもない。


それでも、佐藤さんは、

「それなら僕らも同じです。なんとかそんな気持ちに応えたい。
 そちらで何かがあったら、何か少しでも役に立ちたい。
 それは勝手に僕らが思うことなんです。僕らがやりたいだけですから。」


なんか本当に泣けてしまいました。今思い出しても泣けてくる。


『私は私のやりたいことをやっているだけ』

お互いが、
自分のやりたいことを通すだけなのに、結果として、お互いを支える結果になる。


そんな人間の営みの姿を、『絆』と呼ぶのかもしれない。


ただ、佐藤さんからは特に、南三陸の悲しい今の現実、
震災直後に起こった、人の絆を疑いたくなるような現実も、沢山聴いてきました。

それらはまた、別の機会に…と思いますが、ともかく、
「よそ者だから役に立たない」なんて思う必要は全くない、ということは感じています。

よそ者だから、言えること、聞いてあげられることも、あるのです。


東北で出逢った皆さん、今日はどんな一日だったかな~?なんて、
思い浮かべながらの、今夜です。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子

リアス・アーク美術館の、山内宏泰学芸員が編集した図録。

やっぱり、沢山買っておけばよかった。

せめて、保管用と貸出用くらい…


この方の向き合い方が物凄い。


津波とは切っても切れない地形に住む者として、
被災者として、被災地として、

何をどう捉え、どう向かっていくべきなのか。


被災地以外に住む人たちが、

このことをいかにして生かすべきなのか。


自身も被災者であるこの方の、「記録」はもちろんのこと、
捉え方、向き合い方が、本当に、痛すぎるほどに胸に刺さります。



まず、被災地の方々自身の捉え方……


これから先、【自分の幸せ】を優先してはいけない。

不幸にも被害に遭った、なんとか助かった。偶然にも…

偶然という発想は早く捨てなければならない。

起こるべくして起こったこととして受け止める以外にはなく、
どうやって自分が幸せになるかではなく、
どうやってこの町を良くし、どうやって他の町や日本のために、役に立てるのかを、

その発想を持てなければ、すべてが狂ってしまう。




そして、被災地以外の方々へ。


震災を忘れないとか、風化させないとかいう言葉をよく耳にしますが、

それは一体、何ですか?


被災者の間では、震災の当日から、出来事は上塗り、更新されていっているので、
忘れるとか、風化の意味がわからない。


忘れると云うからには、憶えていたという事実が要る。
風化すると云うからには、刻んだという事実が要る。


被災者の経験と同じようなことを、
皆さんが記憶として持つというほど、強烈に頭に叩き込んでいるとは思えない。

どうか、この出来事を、憶えてください。

忘れたと言えるぐらいに、
それならば一度、憶えてください。


知らないことは、忘れるということも元々無いはずです。


でもね、沢山の支援をありがとう。

本当に助かりました。

しかし物資の届く場所と届かない場所は極端なもので、
中には、物資を余らせて、どうせ貰い物だからという表現で、

売りに行っていた者もいました。

同じ被災者として恥ずかしい。





当時の写真や映像、それは記録。

文化は物ではない。

文化は無くならない。

記録をどう伝えることができるのか、
それが文化になるから。


どう向き合うのか、どうか、これからの糧にしてほしい。



夜、宿泊先のコクボ荘に、南三陸で自治会長だった、
自衛隊経験のある佐藤さんが来てくださいました。



佐藤さんのお話も、
到底ここに書ききれません。何時間もの講演のようで…

佐藤さんのお話は、
他の被災者の方のお話とは、また、全く異なるものです。


あの時これが困った、という話だけでなく、
あの時これが困ったから、このように動いた、なぜならこういう理由で、


ということを、全て教えてもらえるのです。


あまりに沢山のお話で、とてもここでシェアし切れませんが、
改めて深く感じたことは、

【知識と知恵は、自分や大切な人々、廻りの人々の命を救う】

ということです。
これだけは、自信を持って言いきれます。


逆を言うならば、

知ることを怠る人は、自分のことも大切な人のことも、決して守れないということ。


佐藤さんの行動が及ぶ範囲に居た人たちは、本当に助かったと思います。


自身も被災者であり、
奥さんもお子さんも、連絡つかず、亡くなっているかもしれないという心境の中、

震災から一週間後には、風呂を作り、毎日本当に苦労して、
沢山の人を風呂に入れてあげたり、

高台の牧場の牛達の乳を、飲めるようにと各地廻ったり、

ガソリンは、早くから、動かなくなっている車などから取り出して廻り、
救急車などへどんどん渡していたのだそうです。


ただこれらも、ひとつひとつの行動、どれを取っても、
むやみにやればいいというわけでなく、

無知でやってしまうと無意味どころか逆効果を生んでしまうことが、
本当に、あるんです。


やっぱり、少しでも、知ろうとすること、
記憶として持とうとすることは、間違っていない。



何か役に立ちたい!
という、被災地以外の人たちの思いは、

役に立つ何かの為に、動かずにおれない、自分のためにやることであり、


それに応えたい!
という、被災地の方々の思いは、

応えつつ、何かの時には逆に人を助けられる自分でいたいという、
自分の思いのため。


互いに自分の思いのためだけれど、
相互を助けることになる。


その互いに影響を与え合うことを、絆、と呼ぶのかもしれない。




この日もまた、やっぱり、泣いてしまった。


書き尽くせない毎日です。





なつかしい未来へ。





今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



ありのままの姿見せるのよ…


アナと雪の女王が、大ヒットを続け、
世界歴代アニメ興行収入ランキング1位となったそうです。

なんとなく、わかるような気がします。


映画館に行く時って、当然ですが、
観たことがないものを、観に行きます。

ということは、
その作品のことが、真に好きだという人が多いかどうかの問題とは、

少し別のところに、ヒットの原因があります。


鑑賞が終わったあとの、一定のランク付を、
鑑賞した人全員に聴いた場合のランキングと、

必ずしも一致するわけではない。


皮肉ではなくって、純粋に、そんなことを面白いなぁ~と思います。


私は、アナと雪の女王をどうしても観ようと思った理由は、
予告編で、エルサが『Let it go』を歌うシーンを観たからでした。


話のあらすじは問題ではなく、
このシーンに至るまでの、彼女のストーリーを感じたい!

と強く思ったからでした。


そのくらい、あのシーン、歌には、
希望があったと思います。




Let it goの歌詞にもしきりに出てくる、
〈ありのまま〉という言葉。


私は以前から、ありのまま、ということへの定義が、少し、人と違うように思います。


本当のじぶん。

本当のじぶんを出し切るということ。


怠けたり怯えたりして、踏み出せずにいる今のじぶんのままでいい、
ということではなく、

本来のじぶんが持っていた素敵さを、そのまま発揮しよう!
ということだと思っています。


こう思うようになったのは、以前にもブログでご紹介したことがありますが、
大好きな美輪明宏さんの言葉。


ありのままの私を好きになって!
と努力もしないでじぶんを主張するなんて、暴力よ。

畑で引っこ抜いてきた大根を、
ありのままを受け入れてと、砂がついたまま人の口に突っ込むつもり?

大根そのものの特徴、良さを生かせるような、
調理方法と、盛りつけをして、

さぁ召し上がれ、と言葉を添えて出すものでしょう。



ありのままのあなたで。

あなたはあなたで大丈夫。


この言葉に、あまりにも甘えそうになったときは、
自分自身、この美輪明宏さんのお話を、思い出すんです。


皆さんは、いかがお考えですか?


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。