日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ7月がやってきますね!

最近周りのお友達が、色々なチャレンジに乗り出し、確実に夢に近づいている。
その空気感に刺激を受け、嬉しくなっている、7月生まれの愛子です。

皆さんもお元気ですか?


夢といっても、大きいとか小さいとかは関係ありません。
そもそも大きい小さいは、人の物差しによるもので、
個人的感覚でしかないもの、存在しない概念と言ってもいいですね。


大切なことは、
「自分にとって、それが叶った状態を体感するかのごとくありありと想像したとき、
 ワクワクして、夢中で、居ても立ってもいられないくらいウキウキになる」
ということ。


思い描いた通りに自分の部屋を片付けられた!

ヨーロッパに行くことになった!

初めてひとりで呑みに行ってみた!


何でもいいのだけれど、とにかく大切なのは、
「本人がワクワクするかどうか」。

本人以外の誰が、どう感じるかは、全く関係ありません。



先日のブログで少し触れた、
私の名前の最初の「あ」は始まりの音、ということについて。

名前の最初の音は、身近な人に与える影響の大きい、「花」の部分なのですが、

≪始まり≫という意味以外にも、
≪希望≫ ≪閃き・アイディア≫ ≪遠く≫ ≪天(あま)≫という意味があります。


何か考え事をしていて、
ふと、何か思い出した瞬間に、最初に何と言いますか?
ふと、閃きが降りてきた瞬間に、最初に何と言いますか?



「あっ!」

ですよね。


「えっ!」とか「すっ!」とか「こっ!」なんて、
言ってしまうひとはいませんよね。

それも大抵の場合、上向き加減、斜め上を向いて言ったりしませんか?


「閃いた」瞬間とは、まさに「希望」の「始まり」の瞬間。
「天(あま)」という少し「遠く」を見上げるように、脈々と私たちの感覚の中に、在る。


唄の歌詞の中でも、「ああ」という音を使うことは多いですが、
遠くに想いを馳せるような意味合いで使われていることが多いように思います。

「ああ ああ 青春の日々よ」
「ああ 果てしない夢を追い続け」などなど…


誰に教えられたわけでもなく、
日本人に根付いている、説明のしようのない、むしろ説明不要の感覚です。

言葉ができる前に、まずは音があったから。

日本語の音、一音一音に、もともと、意味があったんですね。
江戸時代にできた言葉で云う、「音義説」です。


私と同じ、「あ」の音をお名前に持つ方は、

≪始まり≫ ≪希望≫ ≪閃き・アイディア≫ ≪遠く≫ ≪天(あま)≫

を、周囲の方に与えてあげられる使命(氏名)を持った方。


じぶんの名前を好きになって、
たくさん名前を呼んでもらって、
ますますその使命を発揮してくださいね!

私も、少しでも多くの人に、

その人が本当にワクワクできる夢へのきっかけに、
そんな「あ」をお届けできるように、邁進したいと思います。






今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


スポンサーサイト

みなさまこんにちは。愛子です。

ほぼ1ヶ月ぶり、お久しぶりのブログです。


この1ヶ月は、
痛い感覚から逃げないで、じぶんの内面と向き合う1ヶ月でした。

向き合うというほど真面目なものでもなく。
ちょうど、味わうというような感じ。


休みの日はおうちで本を読んだり、DVDを観たり、料理をしたり、プチ断捨離をしたり。

こまごまと、催しごとはあったものの、総じて穏やかな日々を過ごしました。


実は4月の終わり、5月1日からの東北行きの前日に、
私にとっては、大きな事件がありました。

「わぁ…ちょっとこれは…人間不信に陥っちゃうぞ…」


長い間大切に考えてきたことが、崩れてしまって、
元に戻すことができなくなった日でした。


怒りと向き合ったり、哀しみと向き合ったり、
どこにも居場所がないと泣いてみたり、
みっともないじぶんを、とことん味わいました。


もちろん今も、すこし気を抜くと、何とも言えない、きゅーっとなるような不安に、
じぶんがどんどんどんどん縮こまって小さくなってくような感覚を憶えます。

大きなショックは、なかなか簡単に癒えるものではないようです。


気持ちを落ち着かせるために、
自然の中に身を置いたり、神社に籠ってみたり、美しいものを見たりして、
自分の中から自然と湧き上がってくる感謝の心にフォーカスすることはとても大切です。

「生かされている…。これ以上、何を望むの…」


大切だけれど、
だからといって、起きた問題が解決しているわけではないから、
目の前のことをどうするのかは、決める必要がある。


「大変」は「大きく変わる」ということ。


普段、人は、常に常であろうとするので、昨日と同じ今日、今日と同じ明日を求め、
知らず知らず、変化しない道を選んでしまう習性を持っています。

いくら気合いを入れても、いくら決意を新たにしても、
そんな興奮をする以前のあなたに、必ず引き戻される。

だから、ちょっとやそっとのことでは、変わらないんですね。


それでも否応なしに、人の人生が大きく変わる転機というものもあります。

大きく分けて、この3つだといいます。


①大きな金銭トラブルに見舞われたとき

②大きな人間関係のトラブルに見舞われたとき

③身近な人の死に直面したとき


こんな3つの大変に出遭ったとき、人生は、否応なしに「大きく変わる」ようです。

今回の私の場合は、②でした。


「起こった出来事は変わらないけど、起きた意味はじぶんで選べる」から。

ここにどんな意味を持たせるのかは、じぶん次第。

だから私は、こんな意味を持たせることにしました。

「あの時、あの事件が起きてくれたおかげで、私は決断することができた。
 そのおかげで、今はこんなにもじぶんの心に正直に、
 人に何を言われようと気にすることなく、大切なことを大切にできるようになった。」

「あの時、あんな悔しい思いをしたおかげで、今後似た状況になった友達に、
 この経験が役に立つ、伝えられる自分になれたんだ。」

これから先、この言葉を、実感しながら深くしみじみと言えるように。



名前の最初の音って、

その人が、身近な人に与える最も大きな要素。


植物に例えるならば、「花」の部分です。


≪あいこ≫の≪あ≫の音は、五十音の最初の音、始まりの音。

≪あ≫にも色々な意味がありますが、まずは始まりを告げる音だから。


じぶん自身、深みを増しながら、
出逢った方に、素敵なことの始まりを予感させられる人でいたいなぁ~と思うのです。

私と出逢ったみなさんに、
「新しい始まりの時かな」と感じていただけたら幸いです。





今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。