日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県より、愛媛へ戻る新幹線から、こんばんは。

日野愛子です。



皆さんは、日本を象徴する一音、

といわれて、どんな一音を思い浮かべますか?


私が1番に思い浮かべるのは、「わ」かなぁ~。

「わ・和・輪・環」


日本は「わ」の国。

なんとなく、納得しちゃう部分がありませんか?


だけどもうひとつ、
日本の象徴と言える一音があります。

それは、「う」


「う・生・受・鵜」


ん?最後の漢字はなぜ…?と思われました?


「う」は、受け入れるということ。

受け入れた上で、新しいものを、生み出すということ。


受け入れて、出す。

出すまでが、「う」です。


鵜は、鵜飼いの鵜。

鵜という鳥は、魚をのんで、リリースしてくれますよね。


のんだだけじゃダメ。

出すまでで、ひとつなぎ。



日本人は太古の昔から、それを繰り返してきました。

大陸からやってきた、人や文化、宗教を、
受け入れて、そのうえで、更により良いものへと、
生まれ変わらせてきました。


日本という国は、このことにかけての天才的な能力を持っていますよね。


何かが入ってきたら、
別の何かを排除しなければ受け入れられない、ではなく、

新しく入ってきたものを受け入れつつ、
以前からあるものも生かしてきた。


これが出来る国こそ、日本です。


争うことの似つかわしくないのが、日本です。





さて、8月29日、私の地元・愛媛県新居浜市に、
ことだまのお師匠さま、山下弘司先生をお迎えし、

セミナーを開催いたします。


ぴんっと来た方、ぜひ一緒に、
日本を紐解きをしてみませんか?

…………………………………………


日本を知り、日本を伝える…


名前のことだま師・ことだま入門講師、日野愛子の、
ことだまのお師匠『山下弘司』先生(命名言霊学協会代表)を、名古屋からお迎えして、

☆イザナギとイザナミの話
☆二人の神様の名前の紐解き
☆男女が力を合わせた国作りの話
☆日本神話は使命から始まる
☆君が代のお話

などについてのセミナーを行います。

前半はセミナー。
後半はミニワークショップ。


名前のことだまを、よくご存知の方も、
まだ全く知らない、という方も、

このお話が、
ほんとうの日本を知る、そしてあなた自身を知る、
きっかけになるといいなぁ~と思います。


日時・8月29日(金)19:30~21:30
場所・交流スペースさんさん
(愛媛県新居浜市若水町2-9-17 日光ステーション3F)

参加費・3000円
申込み・lovearth720@gmail.com

…………………………………………


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



スポンサーサイト

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。