日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんにちは!

今日から9月の始まりです。

この辺りになってくると、
私たち新居浜・西条っ子たちは、

来月に控えている秋祭りの足音が聴こえはじめ、
その先にはそろそろ、年末も見え隠れし始めます。

私は、今日、
ブログを毎日更新をしはじめてから、100日目を迎えました。

もっともっと長く毎日続けてらっしゃる方、
私のお友達にも沢山いらっしゃいます。

私がブログを書くのは、

読んでくださる方に、少しでも、
「日本ってこんな風な素敵な側面があったんだなぁ~」
と、氣づくきっかけを作りたいという思いからですが、

何よりも、本当に自分自身の勉強になっています。

そして、新たな出逢いを生み出してくれる場にも、なりつつあります。

継続という私のいちばん苦手なことへの、
チャレンジだなぁ~という側面もありますが、

無理し過ぎない頃合いで、やっていきたいなぁと思っています。



さて、それはさておき、

9月1日というと…


今日9月1日は、関東大震災が起こった日です。

関東大震災から今年で90年が経ちました。

当時を経験した方も、もうずいぶん少なくなっているはずですね。


先日の東日本大震災では、
多くの方が命を落とされた原因として、
「津波」が、被害を拡大した大きな一因でした。


関東大震災の場合これが、
「火災」だったということはご存知でしょうか。

相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の巨大地震。
10万5000人の犠牲者のうち、9割が焼死でした。

発生時刻は、午前11時58分。

多くの家庭では昼食の準備をしている時間帯。

このため、いたるところから火の手が上がりました。

加えてこの日、風が強く、強風にあおられ火災が広がり、
炎が激しい上昇気流を生じさせ、これが、
炎渦巻く巨大な竜巻「火災旋風」を発生させていったのです。


この竜巻、東京で約110個、横浜で約30個が確認されたと言われ、
これが多くの人命を奪った原因でした。

中でも、
最も多くの人が命を落とした場所が、

現在、江戸東京博物館が立っている東京都墨田区横網です。

当時ここは、広々とした空き地。

そのため、おびただしい数の人たちがここに避難してきました。


ひしめき合って人々が身を寄せ合っていたところに、
あの、災の竜巻が襲ってきたのです…

地震発生から4時間後のことでした…



関東大震災から90年。
時代はすっかり変化しましたが、

日本が地震大国であるというしっかりとした自覚のもとに、

今や未来の生き物の生命を、大きく脅かすような、
エネルギー政策は、見直すべきだと思いますし、

もちろんエネルギーのことをきっかけとして、
他の部分にも、発想の転換が必要になってくるでしょう。


その前に、まず個々の家庭で、耐震強度は確認しておきましょう。
昭和56年以前の建物は、耐震基準が違うので、要確認です。

地震の際、家屋の倒壊がなければ、火災被害も少なくて済みますね。


耐震補強する家庭向けに補助金を出す制度も、ほとんどの自治体でありますし、
耐震診断の相談にも乗ってくれるそうです。


関東大震災から90年という大きな節目。

日本のため、世界のため、未来のため、
選択できるのは、何なのか。


目線はいつでも、

世界と未来のためを見据えつつ、


描く未来に向かって、

一歩ずつ踏みしめていきたいと思います。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。