日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんばんは。
今日は初めての、お知らせブログを書きますね!
最後にお知らせがございますので、どうぞ最後までお付き合いください。



『頼まれごとは試されごと』と、中村文昭さんはおっしゃいます。


試された結果、
相手の予測を上回ったとき、素敵な未来への扉が開くのだと思います。

それが腹に落ちていると、
頼まれたら、

「やったー!これでまた、素敵な未来への扉が開くのね!」
と条件反射的に喜べますね。

私もなかなか、まだまだ反射神経が鈍いのですが、
後になってジワジワ、そうそう、これは、素敵な未来への扉だわ、と、
分かってくるタイプなのです。


昨日のこと。

いつもロックバンドおかんの事務局をしてくれている方から、
突然電話があり…お願いがあると…


「おかんが、大阪城ホールありがとうツアーをしたいと言っている。
愛媛でも、ぜひやりたいので、愛子ちゃんに諸々お願いできませんか?
50人くらい集まったのでもいいので。会場費が無料に近いような、どこでもいいので。」


日にちは既に決まってる。一ヶ月と少ししかない。

その日は自分自身予定も決まっていて、
人を集める時期としては、
こちらの地方祭直後という、難しい時期。


でも。
引き受けることだけは約束して電話を切りました。


条件反射は鈍くても、電話を切ったあと、ふつふつと湧いてくる、
素敵な未来への希望。。。

もう、突っ走るしかない!!



ロックバンドおかん、大阪城ホールLIVEを終えて、
ありがとうを伝えるツアーを全国で行っていきたいとのことでした。


決まっていることは、
料金体系と、愛媛では、10月20日にやる、ということだけ。

会場や、時間は、私に任せると。


先日の倫理法人会で、
ロックバンドおかんが、私のおかんの、お見舞いに、
私の家を訪れてくれるまでの経緯を、お話させていただきました。





この、お見舞いに来てくれた5/19、
ボーカルのDAIと、
改めて、大阪城ホールLIVE大成功について、これまでを色々と振り返って話をしていました。




大阪城ホールLIVEが終わって、当日の打ち上げも終わって、
すべてが片付いたあと、DAIと一瞬2人になる時間があったとき、

「お疲れさま」と、ひと言私が言いました。

そのとき、DAIはようやく、
「あぁ…終わったんだな…」と、感じたそうです。



当日のことを、色々と振り返り話している中で、
私が、彼から聴きたかった言葉がありました。

その言葉が、彼から自発的に出てきたことが、本当に嬉しかった。


彼はこの5/19、私にこう話してくれました。

「大阪城ホールに立つっていう巨大な夢に向かってるとき、
もちろん応援してくれる皆には感謝しか無かったし、
でも、日増しに応援してくれる人が増えていき、
日々一瞬たりとも立ち止まることが出来なかったとき、
やっぱり、段々いろんなことが分からなくなっていたと、
今振り返れば、そう思う。

当日も、これまで皆にもらった愛を、じゅうぶん噛み締めて、
その感謝の塊としてステージに上がりたかったのに、

皆からもらった愛があまりにも多すぎて、大き過ぎて、
うまく整理できず、ちゃんと思い返せなかった。

でも、いま一ヶ月が経って、やっと、

皆さんとの最初の出逢いや、交わした会話や、一緒に呑んだ酒の味や、
福島を訪れた時、皆さんが泣いてくれた顔や、
ぜんぶ明確に思い返せるようになってきた。

それで今、心底思う。

絶対!絶対!絶対!
お世話になった皆さんに、感謝の気持ちを、ちゃんと伝えたい!

どんだけ時間がかかったとしても、
俺はひとつひとつ、皆さんにやっていく。

そうでなかったら、次への一歩など無いと思ってる。

時間はかかるかもしれない、でも、ちゃんと、皆に感謝を伝えていきたい!」


DAIの言葉を聴いて、私は嬉しかったんです。

ただただ、深く頷いていました。


大阪城ホールを終えたおかんは、
各界の著名人の方とも対等にお会いできるようになっていたり、

この土日には、台湾で、
のべ10万人の人が訪れるという音楽フェスのメインステージで、
50分ものパフォーマンス時間をいただいていたりと、

飛躍的に沢山の方に支持をいただけるようになりました。


でも。

原点を忘れたら、人はスッカラカンになってしまう。

いつもじゃなくてもいい。

でも、原点への感謝の気持ちを無くしてしまったら、

その人のその人らしさは、失われてしまう。魅力も、すべて。


だから、その心配が、少しだけ、あったのですが、

やっぱり、おかんは、そんな心配を吹き飛ばしてくれました。


メンバー揃って、わざわざ大阪から、忙しい合間を縫って、
私の母のためにお見舞いに来て歌ってくれたり、

そして、
今回のツアーが、その感謝の気持ちを伝える活動のひとつなのだとしたら。



私は、協力しないという選択など、できるわけがないのです。


私はすぐさま状況を整えて、連絡しました。

「会場決まりました。
おかん感謝祭第1章の打ち上げ会場であり、
おかん感謝祭第2章の本会場であり、
音響が最高にいいライブハウスの、
新居浜ジャンドールさんで、やります。」

と。

「会場費はかかりますか?」

「もちろんです。会場費もきちんと支払い、おかんの経費もきちんと出るように、
50人ではなく、100人以上目標でやります!」

と。


昨日聴いたお話ではありますが、
私は、今回のツアー、しっかりサポートさせていただきます。


四国では、この愛媛での開催のみになります。

どうか、
このとんでもなくあったかい、暑苦しい、おかん。

そして暑苦しい私に、会いに来てください。



……………………………………………

日時・10月20日(日)15:00開場 16:00開演(終演18:00予定)

場所・新居浜ジャンドール(愛媛県新居浜市徳常町6-8)

内容・ロックバンドおかんトーク45分/ LIVE 1時間

料金・大人3000円、学生1500円、未就学児無料(1drink 500円別途必要)

問合・TEAMおかん愛媛 日野愛子
lovearth720@gmail.com




……………………………………………


最高の時間を、お約束します!!


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。