日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2013.09.19

苗字の日

9月19日は、十五夜であったと同時に、
苗字の日でもありました。



明治8年9月19日、
太政官布告により、平民も苗字を名乗ることが許されたのです。

それ以前は、特例を除き、
庶民が苗字を持つことは禁止されていました。

元々は、生を受けると同時に授かる、自分自身への名前。
それだけでした。

長い間、名前だけに親しんでいたためか、許されても、
人々は苗字を名乗ろうとせず、なかなか根づきませんでした。

そのため最後には、苗字を持つことを、政府が義務づけたのです。

土地から、職業から、
主に苗字は考え出され、生み出されてきました。


ですが私たちは体験的に、
本当に大切なのは、

自分自身がこの世に生まれ来た時の、役割である、使命である、氏名であるということを、
分かっているのではないでしょうか。


私がお伝えさせていただいている、名前のことだまも、
その方自身のお話をするとき、使命のお話をさせていただくことは、

その方の下のお名前を指して、意識をしていただき、
その方が持っている名前の音の響きから、

本来その方が生まれて来たことの使命を、解いて、
お伝えさせていただくということです。


もちろん、苗字も大切です。

それは、あなた自身のことというよりも、
あなたと深く関わりのあった、あなたの家系の秘密が隠されています。

だけれどまずは、自分自身の使命を受け取ること。


初級ことだま師では、下のお名前での、ことだまをお伝えします。

苗字で家系を紐解くのは、上級ことだま師になってから。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。