日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

10/20のおかんLIVE、
チラシの出来上がりを受けて、
24日の夜、初めてのスタッフミーティングを行いました。


今回のイベントは、
9/2におかん側から電話があり、

大阪城ホールまでお世話になった地方へ、
感謝を伝えに回りたいから、
10/20にイベントを作ってほしい、料金体系はこれで統一してください。


というところから始まりました。


お願いする手前、申し訳ないと思うのか、

50人くらい集まればいいので、
会場費がかからないような場所で…

と言ってきたのですが、実際、

入場料をとるイベントで、会場費がかからず貸してもらえるところなど、
私の伝手にはありません。

イベントまで一ヶ月と少ししかありませんから、
のんびり会場を探している暇もありません。


それに何より。


新居浜でこれまで、
おかん感謝祭としてイベントを行ってきて、
1回目は350人、2回目は160人の方に来ていただき、
素敵な会場にしっかりと装飾もして、

大阪城ホールの時には50人のバスツアーを組んで行ったのに、

立派に大阪城ホールの夢を達成したー!
といって帰ってきたとき、

お客様が50人くらいで、会場も良くない環境で…

というのはおかしいし、そんなのはイヤ!という思いでした。


ですから、
「50人で会場費かからない場所でやるくらいなら、100人で良い場所でやればいいから!」と、

言い放ち、自らハードルを上げてしまいました。

結果的に、
お手伝いしてくれる皆さんには負担をかけることになってしまいました。


そんな経緯をまず、皆さんにご説明させていただきました。

皆さんの表情を見ていると、
大丈夫大丈夫、問題ないよ、という声が伝わってきて、
とても安心しました。



そして今回何より嬉しいのは、
今回は、私の発案でのイベントではないので、

私の思いでガチガチに決まってるのでなく、
本当の意味で、皆さんに自由に、それぞれの持ち場を作ってもらえること。


これまでは、
私が企画したものだったので、

自由にやってくださいと私が言っても、
やはり遠慮して、私がどう判断するのかを、
伺っておられたようなところがありました。


だけれど今回は、
おかんが、皆に、感謝を届けにくる。

私たちはその場づくりを精一杯やるだけです。

皆がそれぞれの思いで、思うように動いてほしい。


そして、おかんのメッセージは、
おかんの姿は、必ず、

来てくれた方に、一筋の強い強い光をもたらします。

この光によって、
その後どんどんキラキラと輝き始めた人を、沢山知っています。


車椅子に乗っている女の子は、
大人たちを信じられなかったのに、

彼らとの出会いから、
大人たちの素晴らしさに気づき、どんどん活動的になり、

ついには、人のために何かをしたい、というところまで変わっていきました。


もちろん、私も変わった一人です。

彼らに出会わなければ、
こんなにも一生懸命になる、という出来事に、
出会えなかったかもしれません。

自分が本当に大切にしたいと思うこと、

あなたの代わりはいないと、
人に伝えていきたいということ、

日本文化を通じてそれが伝えられるという、
名前のことだまに出会い、

瞬間にピンとくる反射神経は、
得られていなかったかもしれません。



一筋の強い強い光。


きっと、来てくださった皆さんに、届くはずだから。


呼びかけできる時間は大変限られていますが、
できるだけ、皆さんにこの機会を掴んでいただけるよう、

精一杯お願いに廻りたいと思います。


どうか、私たちと一緒に、泣き笑う10/20の2時間を、過ごしてください。






今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。