日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

26,27日と会社の研修で広島に来ています。

主なテーマは、ICTを利活用した買い物支援。
今日は三原テレビ放送さんの事例を見せていただきました。

他局さんの取り組みを見せていただくと、普段の自分たちの取り組みと照らし合わせ、
本当に勉強になることが沢山あります。


研修の合間に1時間程、
安芸の小京都・たけはらの町並み保存地区の観光案内をしてくださいました。

あまり知られていないのですが、
ここ竹原は、

平安時代、京都下鴨神社の荘園として栄え、
江戸時代以降の建物が、7割も残っています。
これは、日本一の残存率なのだそうです。

私はもう、古い町並みが本当に好きでたまらないので、
仕事を忘れて夢中になってしまいました。





竹原の場合もそうですが、
このような保存地区に指定されている場所のほとんどは、道はすべて三叉路です。

これは、牛の暴走の勢いを止めるためだったとか。

昔の人たちの暮らしの知恵ですね。


馬や牛たちがよく通るため、
泥がはねるので、泥よけを立てかけていたんですね。

左側の立て板が、泥よけです。



京都と違うのは、
大小路、板屋小路などの『小路』を、こうじと読まずに、しょうじと読むところ。

町並み保存地区は、正式には、
伝統的建造物群保存地区と言い、

城下町・宿場町・門前町・寺内町・港町・農村・漁村などの

伝統的建造物群と、周囲を取り巻く環境そのものを保存するために、
市町村が定める地区のことを言います。

ですから、
社寺・民家・蔵などの「建築物」はもちろん、
門・土塀・石垣・水路・墓・石塔・石仏・燈籠などの「工作物」、
庭園・生垣・樹木・水路などの「環境物件」もすべて、特定の対象です。

平成25年8月時点では、
全国で41道府県84市町村の104地区が選定されていて、

ここ広島では、竹原の他に、
呉の豊町御手洗というところにもあるそうです。

私の地元、愛媛県内もやはり二箇所です。
西予市と内子町です。


私としては、
この昔の人たちの息吹を肌で感じられるこういった場所が、
本当に大好きなのですが、

実際にそこに住む人、保存していく人たちというのは、
大変なご苦労があることと思います。


日常生活の中で、普段自宅に帰るという行為は、
通常誰もが、

最も心を落ち着けて、気兼ねなくいられることです。

それが、こういった町並みに実際に暮らす方々にとっては、
全く逆なのかもしれないわけです。


外出している時のほうが、よっぽど気が楽。
家に帰るときには、

さぁ今日も帰るぞ、あぁ、また団体さんが、
私の家の前で記念撮影してる、
すみません、自転車入れまーす。


なんて、家に帰ったほうが、
気が抜けない状況なのですから、大変ですね。


これが昔の人たちであったなら、

一歩自宅の敷地を跨いで外に出たならば、
人前では襟を正し、みっともないことはしない、

ということが身についていましたから、問題なかったのかもしれませんね。

しかしとにかく観光する私たちは、
少しでも住民の方々が気兼ねなく暮らせるように、
配慮しながら、景観を愉しませていただかなくては。

本当に清々しい晴れ間で、
道案内もしていただき、
とても気持ちのよい一日でした。







今日も、
ことだまの幸はふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。