日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ストール

最近男のくせにストールに惹かれています。東京歩くと実に美しい着こなし目につきます。男性もです、そこで始めてみましたが、イタに付くにはそうとうの年期がかかりそうです。8階もあるユニク銀座店、男性のコーナーがない?遅れているのか男女区別ないのか・・ 先日、大阪北グランフロンとでは気に入ったデザイン多数、そしてマネキンの結び方様々、女性では上着よりスカーフ、ストールの方が超えている場合多いのです。夏は関係ないのかと思っていたら、汗取り紫外線防止にと実用的でもあります。和の文化はなかった!初めて知る愛子さんの言葉になるほど・・ 女性には当たり前のこの文化、男性にはまだ勇気もいるしネクタイのようになるのはまだまだ先のようです。

2013.06.07  Jyoh  編集

Jyohさん

コメント有難うございます!
男のくせに、なんてことないですよ〜!
最近では男性もお洒落にストールを何気なく巻かれているのを見かけます。
私も実は、どうもイタについた気がしなく、はじめはソワソワしていましたが、
いつも巻いていると自分自身が慣れてきますね。

まだ少しぎこちない気がする時に、
馴染みやすいように思ったのは、
ごくごく細く柔らかいストールです。
細くて柔らかくて長い無地のストール。

ストンと落としておくだけで、
なぜだか洋服のバランスが良くなるような気がします。

洋装も和装も、なんでも着こなせる日本人を、目指したいですね(*^_^*)

2013.06.07  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんにちは!
皆さん、ストールって持っていますか?

私は最近ロングヘアからショートヘアにしたため、
首回りがあいていることが落ち着かず、
もっぱら、日よけと、落ち着くために用いていますが(笑)

日よけや防寒でなくても、
お洒落アイテムのひとつとして、数種類持って使い分けている方、多いと思います。

というわけで、
今日は私のいちばんのお気に入りストールをご紹介します!
何の話?!っとおっしゃらずに、お付き合いください(笑)

日本の伝統色と柄を上手に組み合わせて、
珍しい色合わせだけれど、不思議に馴染む、
このセンスの良さが大好きです。



生地は綿とシルクが半分半分。
真冬以外はいつ巻いてもおかしくない。

こちらは博多発ブランドですが、
日本で販売する前に、
パリで展開し、そのあと逆輸入のような形で、
日本での展開が始まったそうです。

パリっ子の間で大人気!ということで、
既に海外からの評価を冠にして、
その独特の柄合わせだけではなく、
そういった意味でも、他のメーカーとの差別化に成功していますね。


ところでこの、ストールというアイテム。
今でこそ日本でも大変ポピュラーになっていて、
着物にも、ショールを合わせることが一般化しつつありますが、

このような巻き物文化は、日本古来のものではありません。
日本は、巻き物に対して、被り物文化でした。

頭や顔回りを覆うのには、
笠をかぶったり、着物を着たうえに更に着物をかぶったり、頭巾をつくったりしていましたが、
肩回りを覆うという発想はあまり無かったようです。

奈良時代には、貴族の女性だけの装いとして、
いわゆる羽衣のようなイメージで、肩に布をかけることもありましたが、
魔除けの意味あいでもあったということで、
やはり文化として根づいていた背景は無いようです。

ちなみに、ストールのいうのは、長方形の長細い物を言い、
ショールというのは、正方形で、よく半分に折って三角にして使われたりしている物を言うそうです。


それにしても日本人というのは、
本当に、
他国の文化をいとも簡単にスッと受け入れて、
我が国独特の物として、更に良い物に創りかえて出す、
ということにおいて天才的だなぁ~と、いつも思います。

外来の物も、より完成度を高めて生み直せる。

現代の日本の良さのひとつが、

あれもいいし、これもいい。

という、懐の深さだと思っています。

私の、
日本という国が、これからの融合のリーダーになる!という思いは、
こんな日本人性からも来ています。
スポンサーサイト

コメント

ストール

最近男のくせにストールに惹かれています。東京歩くと実に美しい着こなし目につきます。男性もです、そこで始めてみましたが、イタに付くにはそうとうの年期がかかりそうです。8階もあるユニク銀座店、男性のコーナーがない?遅れているのか男女区別ないのか・・ 先日、大阪北グランフロンとでは気に入ったデザイン多数、そしてマネキンの結び方様々、女性では上着よりスカーフ、ストールの方が超えている場合多いのです。夏は関係ないのかと思っていたら、汗取り紫外線防止にと実用的でもあります。和の文化はなかった!初めて知る愛子さんの言葉になるほど・・ 女性には当たり前のこの文化、男性にはまだ勇気もいるしネクタイのようになるのはまだまだ先のようです。

2013.06.07  Jyoh  編集

Jyohさん

コメント有難うございます!
男のくせに、なんてことないですよ〜!
最近では男性もお洒落にストールを何気なく巻かれているのを見かけます。
私も実は、どうもイタについた気がしなく、はじめはソワソワしていましたが、
いつも巻いていると自分自身が慣れてきますね。

まだ少しぎこちない気がする時に、
馴染みやすいように思ったのは、
ごくごく細く柔らかいストールです。
細くて柔らかくて長い無地のストール。

ストンと落としておくだけで、
なぜだか洋服のバランスが良くなるような気がします。

洋装も和装も、なんでも着こなせる日本人を、目指したいですね(*^_^*)

2013.06.07  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。