日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

今朝もお勉強になりました(*^。^*)

2013.10.02  みつ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

平成25年10月が始まりました。

多くの方が、この時を、とてもとても、大切に捉えています。


お仕事をするうえでも、新年度というものがありますが、
私が勤めている会社や、携わっている事業も、
10月が新年度、新体制、というところが多いです。


そんな中でも、今年の10月がとりわけ特別な理由。


それは、神宮の式年遷宮だからです。


いよいよ10月2日の午後8時には、遷宮の儀式が執り行われます。


5月の出雲大社の大遷宮の日には、出雲の地に居ることができたので、
この10月の伊勢神宮の式年遷宮の時にも、伊勢の地に居たいと、

願っていたのですが、

別の役割を授かって、今は地元新居浜に居ます。


そうそう、ちなみに、
先ほどから、大遷宮と式年遷宮と使い分けているのは、

出雲大社は、
60年に一度の神様のおうちのお引越し(遷宮)で、
長いサイクルで執り行われてきた大遷宮と言えますが、
必ずずっと、ちょうど60年に一度で行えたとも限らず、
天災などによって、遅れることもありました。

一方伊勢神宮は、
必ず決まって20年に一度のサイクルで遷宮を行うので、
毎年決まった時期の遷宮ということで式年遷宮。


双方が式年遷宮なのであれば、
これまで何度も同じ年に遷宮が重なっていなければなりません。

それが、なんと今年は初めて、重なった年なんです。

特別な年ですね。


伊勢神宮、名前のことだまでいえば、

い…命、祈り
せ…流れ、勢い

という意味もあります。


伊勢神宮の式年遷宮の年は、

これまでの20年とは、全く違った流れが始まる、ということを意味しています。

そのことに気づかずに、
これまでの常識通りに、これまでしてきた通りで、

物事に向かえば、時代の流れに沿うことができずに失敗してしまうでしょう。


今月から、完全にシフトしました。

参拝がかなわない方も、
静かにそのことへ、心を合わせて、感じてみてはいかがでしょう。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

今朝もお勉強になりました(*^。^*)

2013.10.02  みつ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。