日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

何を使命として、あなたは生きますか?


私は長い間、

『じぶんは何をするために生まれてきたのか、使命を知りたい。
それさえ分かれば、その事柄がどんなことでも、私は一生懸命にやりたいのに、
それが分からないから、どうすればいいのか分からない。』

と思っていました。


何をしていても、
『私が本当にやらなくちゃいけないことは、これなんだろうか?』
ということが気になっていました。


色んな場所に行き、
色んな人に会い、
色んなことをやってみても、

その疑問やモヤモヤは晴れることがありませんでした。


そんな時、私は、ロックバンドおかんに出会い、
無名でインディーズバンドの彼らが、大阪城ホール単独公演を目指すと聞きました。


彼らは、単に自分たちの夢を叶えたいというだけではありませんでした。


自分が命の恩人だと思っている、車椅子の人たちが、
堂々と100名は入場できるような会場づくりをしたいとか、

自分の歌を一度でも生で聞いた人のことを、絶対に、
自ら命を絶つようなことはさせない!って思って、
それが使命だと思って歌ってる、とか、

無名の自分たちでも、でっかい夢を叶えることができるって、
そこまでの道のりを皆で歩いて、
皆の力で、大きなうねりが起こせるって、体感してもらいたい、とか、


色々な彼らの言葉を聴きながら、
気がつけば私は、初対面だったのに、

『絶対にやれる!必ず最後まで私応援するから、絶対やろう!』

と言っていました。


自分の本当にやるべきことは、何なのか。


それは分からないままだけれど、
なぜか心が動いて止めることができなかったから、


自分のやることが分からないなら、
とにかく今目の前の、この子たちの夢を叶えるお手伝いを、
全力でやらせてもらおう!と、思いました。



今私の身の周りにある全国に広がる人間関係、
それを形づくってくれたきっかけは、すべて、このおかんに関わったことから始まりました。


身近な人たちと、より絆が深まったのは、
おかんのイベントを企画して、みんなでがんばってきたからだったし、

全国に知り合い、仲間が増えたのも、
おかんの企画でがんばっている日野愛子として、知ってもらえたからでした。


私は、とにかくおかんの夢を叶えようと、
それがたくさんの人たちの為にきっとなると信じてやってきましたが、


気がつけば、その活動は、
私自身の成長や、人間関係をつくるものと、直結していました。


【なぜだか分からないけれど、
とても心が動いて止められなかった】


この衝動にしたがっただけ。


だけれど、この衝動が働くということは、やっぱり、
私自身にとって、大きな意味があったからだったのだと思います。


今の私を形づくる全ての物が、人間関係が、
この時から、みるみるうちに広がっていきました。



そして更に、
『名前のことだま』との出逢いによって、

使命の向かうべき方向性が、とってもよく分かるようになりました。

自分のことも、人のことも。

気がつけば、
私が一番知りたかったことを、知ることができるようになっていました。


これから私は、
〔自分の使命を再確認したい人〕〔自分なんて無力だと思ってしまっている人〕〔心に傷を負っている人〕

の、1人でも多くの方に、

どれほど、どんな風に、あなたがこの世界に必要な人であるかを、

そして、あなたの中に確かに息づいてる日本人性に、
氣づき、誇りを取り戻していただき、

そのことによって、世界をもっと素敵にしていきたいと思っています。


これが私の使命です。
今はそう、しっかり言えるようになりました。



もしかしたら。

やるべきことを見つけたい、使命を見つけたい、

そう思うなら、
まずは衝動にしたがうことなのかもしれません。


その後で、『私は、このために生きます。』という、
自分の答えが見つかるものなのかもしれません。


今の私は、そんな風に捉えています。




《もっとも貧しい人々のために働くことを、私たちの使命とします。》

と宣言した団体がありました。


今から63年前の10月7日、
ローマ教皇庁の認可を受けた「神の愛の宣教者会」(カトリックの女子修道会)。
現在では、133の国と地域で活動し、4500人以上の修道女がいるそうです。


創立者は、マザー・テレサ。




彼女のもとには、
『もっとも貧しい人のために働け』という啓示のようなものが、あったそうです。



私たちが最も重要な人生の使命を得るのは、
ある種の、なにか衝動にしたがって懸命に役割を果たしていたら、

その先に、

ふっと舞い降りてくるような、そんな存在なのかもしれません。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。