日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

さぁ!いよいよ20日は、ロックバンドおかんの新居浜LIVEです!

当日券もありますので、ひょこっと空いた!
という方は、ぜひぜひお待ちしております☆


【ロックバンドおかん】という名称は、どうやら世間一般的に、
非常に理解されにくいようです(笑)


まず、ロックと耳にすると、

ロックはちょっと…騒がしいのはちょっと…

と敬遠される場合が多いのですが、
新居浜でのこれまでのLIVEは、写真を見ていただいて分かる通り、

赤ちゃんからご年配の方まで本当に楽しんでいただいています。





ですから、ロックと言えど、若者向けのうるさいやつでしょう?
というものとは、ずいぶん違うのです。

誤解を解くために、【おかん】のLIVE、と、ロックバンドを省いて伝えると、

私のお母さんがLIVEをするのかと思い、それはそれはがんばったね!
と言っていただくのですが、これもまた誤解を受けやすいです。


ロックバンドおかんと、私との関わりについては、
これまで何度も、ブログの『わたくしごと』カテゴリーで書かせていただいていますが、

今の私の、

身の周りの人間関係、
挑む力、段取る力、営業する力、

そして何より、

『みんなと一緒に何かを作り上げていくこととは』

ということを、経験させてくれたのは、このおかんとの出会いが全てです。


おかんに出会い、衝撃を受け、
『自分が今何をすべきか分からなくても、この子達の大阪城ホールに立つという夢を、最後まで応援してみよう!』

と決めた時から、

全国に、沢山の知り合いが出来ました。

おかんのことで本当によく頑張っているね!ということで、
沢山の方に声をかけていただきました。

今とても仲良くさせていただいてる、山崎拓巳さんとも、
もともとそんな形で、声をかけていただいたのがきっかけでした。


そして更に大きいことは、

実際じぶんが暮らす身近なこの地域の中で、
『そんなにがんばってるなら、何か手伝うよ』と、

おかんを応援している私を応援しようと、地域で仲間が出来たこと。

このことが、私にとってとても大きな出来事でした。


私は、ひとりっこだからか、
みんなと一緒に何かをやる、ということは、元々苦手。

引き受けたことは、自分だけで解決するし、
自分だけで解決できる範囲内でも、なんとか期待に応えようとするから、

容量オーバーで、ひとりキリキリ舞い状態になることが多かったんです。


今回で、新居浜でおかんのことで、
大きなイベントをやるのは3回目になりますが、

やっと、分かってきたような気がしています。


みんなが、気持ち良く、自発的に自分にできることをやって、
みんなが、極端に無理をすることなく、

かる~くらく~に目標を超えていく方法。


もちろん、まだまだ、未熟なところだらけですが、
それでも、以前より少しは分かってきました。


それぞれの人が得意な分野は何か、何に興味があるのか、
そのことをちゃんとつかんで、

思い切ってお任せをして、お願いをしてしまう。
そして感謝の気持ちを伝えること。


上手にそれができる人にとっては、なんでもないことです。


だけれど以前の私は、本当に抱え込んで抱え込んで、
初めて大きなイベントをやった時には、前々日から過呼吸になる寸前のような、
限界点に達していました。

イベントそのものは、頑張り過ぎたおかげで(笑)、
出演者のことを誰も知らない状況の中で、450枚以上チケットが売れるということが起こりましたが、

大きくなり過ぎて更にバタバタを超えてしまっていました。


だから2回目は、半ば諦めの気分もあり、
そこまで自分が追い込まれることのないように、
ある意味で、少し手を抜くところは抜きながら、
それでもコッソリ、最低ラインは超えるよう動きました。


だけど3回目の今回は…

最初から、みんなに出来ることを完全にお任せする姿勢で、
かつ、
一度もまともに、代表のような形で皆さんに全体で思いを統一させるような話をしたりしていません。

みんなが同じ立場の中で、自由にアイディアを出し、自由に行動する。

それにお任せをして、皆さんの様子を見させていただく。


その形に切り替えることが出来ました。

これまでで一番、準備期間が短いのに、
最低ラインのことは、きちんと出来上がりました。

誰も歯を食いしばってきつい思いをすることなく。


いつもひとり行動一匹狼だった私が、
こうして、皆さんと一緒に何かをやらせていただくことが出来ること、

本当に貴重な経験を私はおかんから、もらいました。


彼らの歌は、彼らの生身の人間部分が、届く感じ。

その場、その人に、

本当に必要な歌を、言葉を、空気を、選んで、

例え今この瞬間に倒れても悔いがないと言い切れるほど、

目の前の人に一生懸命に思いを伝えています。


だから、真っ直ぐに胸に光が届くのだと思います。


20日は、
インディーズの彼らが、大阪城ホールLIVE大成功という偉業を成し遂げ、

そのお礼参りということで、新居浜にもやってくるわけですが、

単なる他人事のサクセスストーリーではないんです。


来てくださったあなたの人生と、必ず交差する。


彼らとの出会いはきっと、そうなるはずです。


今回も、隣町からドキドキしながら中学生たちが電車に乗って来てくれたり、
普段外出しない子ども達が来てくれたりもします。


私はもちろん、私の身近でも沢山、
彼らとの出会いで、大きく光を受けた人たちを見てきました。


あなたの人生に、おかんが交差する瞬間を…私は見てみたいです。

来てくださった方の光になりますように…



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。