日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

6月9日、今日は新月だったということで、
月夜に願いを込めた方もいらっしゃるでしょうか。

今年はいつもより、各地平均10日程も早く、
どこも5月のうちに梅雨入りしていましたね~。

梅雨入り宣言はされても、なかなか雨は降らず。

でしたが、久しぶりに今日は一日降りました。

日本は四季の国言われますが、
この梅雨も、雨季として、ひとつの季節に数えたいほど、
春とも夏ともつかない特別な季節のように感じます。


ところでこの、梅雨、という言葉。

湿気が多く、カビ(黴)が発生しやすいため、
黴雨(ばいう)と書かれ、
この音が、
ちょうどこの時期に収穫される梅(ばい)とあいまって、

梅雨(ばいう、つゆ)となったと言われています。

なお、つゆ、に関しても、
露と、
梅の実が潰れるという意味で潰ゆ(つゆ)が、
掛け合わされているようです。

日本語って面白いですね。


梅の実は、梅雨の長雨のおかげで、まるまると太り、
そろそろ収穫が始まっていきます。

早めに収穫された、青々とかたい梅を梅酒用に、
もう少し待って、よく熟し、黄身を帯びてくると、梅干しに。


昔から日本人の健康のお供であった梅干しも、
梅雨の長雨の恩恵なんですね。


あ、梅酒って、案外カンタンにつくれるものなのだそうですよ!



よーく水洗いをした梅。
竹串でヘタをとったら、瓶などの大きな容器に入れ、
氷砂糖とホワイトリカーを注ぎ入れる。そーっとね!

あとは密封して冷暗所で三ヶ月以上寝かせましょう。
氷砂糖すこし多めで、梅の風味が出やすいみたいです。

おうちで晩酌☆
なーんて大人な習慣、実はもういい加減大人な私ですが、
一度もしたことがありません(笑)

手づくりのお酒でまったり、なんて、素敵ですよね~!
やってみようかなぁ~~~


今日もことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。