日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨晩からぐっと冷え込みが増して、
外に出ると、向かってくるのは完全な冬かぜ。

今年は秋がなくて、
寒くなるのが早いなぁなんて思っていましたが、

そう言っていた頃はまだまだ甘く。

「冬の寒さは、こういうものでしょ」と言わんばかりに、冷たい風が吹き上げます。



私の住んでいる新居浜という町には、山も海もありますが、

私の家は、山際。

あまりの寒さに、見上げるとしっかりと雪化粧していました。



両親は海際で育ったのですが、家を建てたのは山際だったんですね。


ですから私も、幼いころは、
漁港の周辺をちょろちょろとしていました。


ぷんと強い潮の香りと、岸壁にへばりついているつぼを、ほじほじしながら、

じいちゃんが沖に帰ってくるのを待っていました。


思い出が、海に沢山あるからか、

20年以上住んでいても、この山の寒さに、なんだか未だ慣れません。




昨日は、ブログの更新頻度について書きました。

ら、Facebook投稿のほうで色々とコメント、ご意見をいただきました。



更新頻度は同じだとしても、
内容を変えることで、頻度は苦にならないこともある、

ということを教えてもらいました。


毎日書くけれど、
毎日毎日、コラムのように長くなくていい。

今日は友達と飲みに来ているからまた明日~!みたいなものでもいい。


一度しっかりとしたものを書いて、1日分として載せずに、

何日間かに分けてアップすれば、書き溜めできたことと同じことになる。

等、色々教えて戴きました。



考えてみると、
私のブログは、ブログと言うより、日記と言うより、

コラムのようなものに近かったのかもしれません。



先日も、Facebook上で、存じない方が、私のブログを、

「素敵なコラムでした」と紹介してくださっていました。

これは、とっても嬉しいことでした。

ブログではなく、コラムと捉えていただけること…



だけども、もう少しコンパクトに、

時に長いものも、時に短いものも、色々あっていいですよね。


「日本に氣づけるブログ」というタイトルに縛られず、

もう少し肩の力を抜いて、書いてみようと思います。


そうすればまだ、まいにちも、できそうかな。




『がんばること、自分との約束をまもること』が大事。

これは、【自分のため】



『たのしむこと、自分を癒やすこと』も大事。

これは、【自分と周囲の人たちのため】



喜ぶ人は、多いほうが、いい。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。