日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

先日、Facebookにて、

電子レンジの危険性についての記事をシェアしたところ、
今日、大変簡潔に的確に、要約を書き込んでくださった方がいらっしゃいました。


以下の通りです。

…………………………………………

電子レンジの電磁波によって、

食品の原子が振動され、
その摩擦熱で食品が温められます。

原子が電磁波で振動される
=原子や分子の結合が崩れる

→元に戻る分子構造もあれば、元に戻らずに新たな構造(原子配置)・化合物が作り出されるものもある

=それには無害なものもあれば有害なものもある。


極力電子レンジは使わないようにしてるのですが、
これはどうしても温めないと美味しくない、
というものを食べる時だけ、レンジを使ってます。

日常的でなく、本当にたまにだけなら、
あまり影響はないと信じてるのですけど。

…………………………………………

といった具合です。


電子レンジという、
食べ物の加工に際する恐ろしさに限らず、

私たちの体を作るのに、極めて重要な、


【空気・水・食べ物】

ということについて、私たち日本人はあまりにも知らないことが多いです。

外国では、既に使用することが禁じられているほど、

人体に害を及ぼすことが明らかになっている物でも、
経済優先のために、平気で使用し続けています。


国民として、知らない。

知らされていないから、仕方のないことでしたが、

知らないから、悪いことは継続されてゆく、ということがわかったなら、

私たちは、

積極的に真実を知ろうとしなければなりません。


ちゃんと知ったうえで、

それで、

結果、何を選択するのか?

を、個々に考えればいいことなのです。



知る時代、選ぶ時代。

法律が、いかように進もうとも、

知ろうとすること、
本当のことを伝えようとすることを、

私は、やめるつもりはありません。


私の人生において、

勝ち組や負け組という言葉をあえて導入するならば、


本当のことを知ったのに、
大切なことを知ったのに、


周囲の目を気にしてしまって、

伝えることを諦めること、口をつぐんでしまうこと、

このことをもって、私は自分自身に対して、負けを宣告します。



電子レンジ、

体に有害であるかもしれないならば、


作ったらすぐに食べられるといいですよね。
それがいちばん美味しく食べられることです。


どうしてもすぐに食べられなかった時は、
お鍋などを使って、少しあたためられたらいいですよね。


でも、これらに共通していることは、


生活のあり方の変化を求められるということです。

生活スタイルの変化。


家族揃って食事が出来るような暮らし方、

お鍋で食べ物をあたため直すのに時間や手間があまりかからないような。


もっと言えば、時間と手間が、多少かかったとしても、
それだけの余裕を持った生活が送れたら。


そんなことなど無理に決まっている、今の生活があるから、
という方も多いと思います。

でも、無理だとは決まっていません。


知らないだけで、方法があるかもしれません。




健康ということは、とても大切なことです。

長生きするため?

それもあるでしょうけれど、


【生きている今を、精一杯生ききるため】


だと、私は思っています。


病気がちでは、本来のあなたの成すべきパフォーマンスが、
発揮されないですものね。


自分の使命を、ちゃんと果たしたい。


そう思えば思うほど、やはり、健康でなくてはならないんです。


ですから、大切なこと!って、
私が知り、感じたことは、

いつでも、どんなことでも、お伝えしたいと思います。



ちょっぴり熱くなってしまいましたが、
最近ずっと、

自問自答しながら、

やはり、ここに辿り着くんだなぁ~、という、

自分への答え表明のような、ものですね~。


だけれどやはり、知ることができるということは、幸せなことです。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。