日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は、勤めている会社の謝恩パーティーでした。

年に1度この時期に、社の主催で開催し、
日頃からお取引のある各ベンダー様や番組供給会社様などなど、
毎年、全国から沢山の方々がお越しになられます。

日頃は、
担当者同士や担当部署同士の交流しか無いものですが、

この時には、
お客様側も、上席の方や社長様もご一緒にお越しになられ、

当社側は、全社員が出席し、
参加者全員の座席はすべてくじ引きで決めるという方式をとっているため、

当社の新入社員が、チャンネルの社長様をお接待することもある、という、
当社としては、なかなか気の抜けない夜なのです。


私たちの行き届かない対応でも、
皆さん優しくあたたかく見守って下さるので、
大変申し訳なくも、有難い次第です。




全国のお取引のある企業様とは、
ご満足いただけているかどうかは別として(もちろんそこが大事なわけですが)、
このような交流は、しっかりと取れているように感じます。


一方で、地域の企業様との連携、交流はどうかというと…


日頃のお取引や、取材を通して、
日々日々、個人と個人のコミュニケーションはあるものの、

確固たる[面]での連携が、
部分的にしか取れていないな、と感じることがあります。


実施している事業内容がどんどん拡がりを見せてはいますが、
やはり地域密着型の企業ですから、

地域の方々と、心の距離が離れていってしまっては、何にもなりません。


全国に出て行ったり、
新しい情報をどんどん追いかけているが、それは、


何のためにやるのか?


その中から、より洗練されたもの、この地域にフィットしたものを見つけ出し、

地域の方々の生活に生かしていく、活路を見出していくため。


だけれど時に、そういった部分の表現が不器用で、

地域の方々に、
あの会社はどこか違うところを向いているんじゃないのか?
と見放されてしまわないように。

創立25周年を迎え、もっともっと、
地域の方々との繋がりを密に。見直すときが来ているように感じます。



こんなことを思ったことは、初めてなんですが、

10年勤めたこの会社の、どこか不器用な性格が、

まるで普段の自分自身と、実はとても似ていたのかもしれない、

と、ふっと感じました。



私が普段、個人的に色々な活動をする中でも、
いつもぶつかる壁であり、

痛いほど感じているジレンマでもあります。


身近な人たちに、いずれ、
自分が外で触れてきた、感じてきた、築いてきたものを渡したいと、

そう思って活動しているのに、

ちょっと飛んで行き過ぎてるのか、
身近な方には、なかなか理解してもらえない。

強そうに見えるからか、
本当はとてもナイーブであることさえ、気づかれることもない。


勤めている会社の宿命と、自分自身の宿命が、
なんだかシンクロして、見える今日です。


最後までシラフのままお付き合い。
酔っ払って重なって見えてるわけじゃあ~、ありません☆



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。