日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は1月7日。

春の七草、召し上がりましたか?




年末年始は本来、

年神様をお迎えし、
自宅で共に過ごさせていただくために外出を控え、

また、その間は、
家事にいそしんだり、掃き掃除をしたりして、
神様を追い払ってしまわないよう、

あまりバタバタせずゆっくりとした時間を過ごします。


その間に、
神様と過ごし共に食すにふさわしいお料理を、
年末に作っておいたものが、正月のおせち料理。


年末からの忘年会、お節料理…

と、少し贅沢な食事で胃が疲れているところに、

この七草粥を食べる。


冬は野菜が育ちにくい季節ですから、
栄養素を補おうとした考え方もありましたし、
この日七草粥を食べることは、万病を防ぐおまじないともされてきました。

日本の慣習は本当に、

思想的にも、健康的にも、理にかなったものが多くて、
本当に素晴らしいなぁ~と思います。


同時に、
多くの慣習の意味合いが薄れてしまっている今を、残念に思う気持ちも増します。


食べ物に、命に、
季節を、感じにくくなってしまいました。



お正月問わず、年中お店は営業していて、
必ずしもお節料理を作らねばならない状況ではなく、

お正月問わず、贅沢な食事をいただくようになり、
必ずしもこの時期に、七草粥、というわけでもなくなりました。


戴ける食材も、季節を問わなくなり、

また、そもそも、
食材に含まれている栄養素自体も、

地球環境などの様々な要因から、多くの食材の栄養素は、
本来のそれの、3分の1以下になってしまい、

もとより、
食材から栄養素を補うこと自体、非常に難しくなってしまいました。



昔の日本のようでありたい。

そう願う一方で、

昔に戻る、ということが出来ないことも知っています。


過ぎた時が、巻き戻ることはありません。

だけど。

昔から学び、今に生かし、

より良い慣習を作っていくことが、
私たちにはきっと出来ると思っています。


そのために重要な第一歩は、

【すべてのことは、昔のままではない、
ということに、氣づくこと】


ニンジンという食材の中には、
この栄養素がこれくらい含まれているものである、

という学術的事実は、変わらない事実であっても、


本来はそうであるけれど、

今私たちの身の周りにあるニンジンは、
その学術的に云われているニンジンの栄養素や、量なのか、


とは、全く別の問題になっているということ。


私たちがこれまで、
常識だと教えられてきたことや、常識だと信じてきたことが、

これから先も、本当に常識のままなのかどうか。


私はこの数年間で、
色々な分野で、そういったものが、しばしば逆であったということを、

見てきました。



決して変わることのない、
変わってはいけないものは、

精神性や魂のような存在。


しかし、それ以外のあらゆるものは、

常に変化しているし、

今年は特に、変化の流れがとても速いということ。



何が必要で何が必要でないのか?

常に学び続け、進化し続け、伝え続けていきたいと、思います。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。