日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

名前のことだまでは、

氏名は、使命。

大事なことなのに、自分で決めていないこと、

物心ついたときには既に決まっていたこと、

ここに、使命・役割があって、

音の意味から、それをお伝えするもの。



それにしても日本では、
名前以外にも、何通りもの呼びかけ方があります。


ニックネームなどの他に、

社長、課長、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん…

役割そのものを、
名前のようにして呼びかけることが多いですよね。



けれどそれは、決まって、

ある種の、【上】の存在として、です。


平社員、とか、子供、とか、弟、妹、

というのは、呼びかけ方として、存在しません。



そうなんです。

相手を、声に出して、呼ぶこと。


そのことは、それだけで、相手を尊敬し尊重していること。

少なくとも自分より、上の存在として。


だから。

ちょっと恥ずかしいけれど。呼んでみてほしい。


大切な人のことを、名前で、さん付けをして、呼んでみよう。

そして呼んでもらえたら、
呼んでくれた人からの愛をじんわりと感じてみよう。


きっと、素敵な関係になりますね。


昔の日本のことを、
古き良き時代、と呼ぶのは、


親でも、子のことを、さん付けで呼ぶことが当たり前だった、

そんな、存在を尊重した愛が、あったからなのかもしれません。





私もひそかに、

互いに下の名前で、さん付けで呼び合うご夫婦に、
また、お子さんをさん付けで呼ぶお母さんに、

憧れています。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。