日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

目指すものがある時は、
一心に向かっていくので、ともかく時間はいくらあっても足りず、

あっという間に時間が過ぎ、
慌ただしくも、充実しているものですが、


普段から、
じぶんの心に敏感でいると、

そういう時にも、

あっ、心が少しざわついてきたな、と感じることがあります。


きちんと向かっているけれど、
なにか、ざわつく。


そんな時は、

じぶんの心を、

まっすぐにスコーンと抜いてくれるような、
透明にしてくれるような、

いつもの場所に振り戻してくれるような、

何かを、
知っておくといいですよね。



近頃は私にとって、それが、サンキャッチャーです。


寺社に出向かなければ浄化されにくかった感覚も、

出向く間も無い、
僅かに数分の隙間の時間しか無い時でも、

じぶんの心を正常なところに持っていくために、


車内でも、部屋の中でも、
そこにあるサンキャッチャーに目をやるだけで、

すぅーっとざわめきが収まっていきます。



【太陽の光を集めて、虹をつくる】

【じぶんの居る場所に、聖域をつくる】


もともとは、サンキャッチャーは北欧の文化だけれど、

受け入れと応用の文化を持つ日本に入ってきてから、

もっともっと、
多様でお洒落なサンキャッチャーが増えています。





今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。