日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

1年ぶりの、ふるさとがえり。

涙腺ゆるゆるの私は、展開も台詞もほとんど記憶しているこの映画、
ふつうのシーンを目にしても、涙がこみ上げてきました。


映画「ふるさとがえり」

岐阜県恵那市を舞台に、市の合併記念映画として、
市民参加型制作によって完成した作品です。


『誰と生きるか、何を愛するか… それが人生』




地域社会や、生きる、ということそのものがテーマになっているこの作品。

観た人の誰もが、
自分自身の人生と、深く照らし合わせて、

時に感激したり、時に嫌悪感を感じたり、揺さぶられながら、
自分の人生を改めて考える…




実は7年前、私の住んでいる隣町、愛媛県西条市でも、
合併記念事業として、映画製作が行われました。

その時からのご縁もあり、
私も、この映画を製作されている会社「FireWorks」さんや、林弘樹監督と繋がりができ、


ちょうど1年前の、私の母の還暦の誕生日にあわせて、地元で、
『おかん感謝祭第2章~ふるさとがえり~』と題し、

「ふるさとがえり」上映、そしてロックバンドおかんのライブ、監督とおかんのトークショーというイベントを開催しました。







とても思い入れの深い、映画です。



今日、再びこの映画に触れることが出来たのは、

林監督との共通の知人で、愛媛でのふるさとがえり上映を応援されている方からのお声掛けでした。


西条建設業協会青年部会の方が、
関係者の方々にこの映画を観てもらいたいということで、上映が決まったから、
ぜひ日野さんに取材に来てほしいんです、と。


ふるさとがえりに関わって、応援してきたメンバーが、
主催挨拶や応援挨拶などを行って、

上映イベントの主催経験もあった私が、取材カメラを廻して、という、
なんだかとても、思い深い上映となりました。


1年前の、「おかん感謝祭第2章~ふるさとがえり~」
このイベントを形にしようとしていた時の自分。

本当に、ただただ一生懸命でした。


『生きる』『命』

こんなに大切なこと、
恥ずかしがらないで、もっと本気で捉えてほしいと、

強くそれを伝えてくれる、ロックバンドおかんや、林監督の情熱を借りて、
私も、身近な人たちにそのことを伝えようとしてきました。


そして今は、

私は、私なりの、伝え方、伝えるツールを得ました。


今日とても嬉しかったことは、
誘ってくださった方が、

「自分も、あの時の日野さんの頑張りや、おかんの唄や、ふるさとがえりに、本当に背中を押されて、
 このまま、のほほんと生きてちゃいけない!と奮起して、動き出したんですよ!」

と、帰り際、教えてくださったことでした。


一生懸命な人の姿は、必ず、人の心に火をつける。

私も、おかんや、ふるさとがえりに、火をつけてもらった。

そうしたら今度は、火のついた自分が、
自分自身のやり方で、

誰かの何かのきっかけになれるように。

そう動き出して、今があるんです。


1年ぶりに、様々なことを思い出させてもらいました。


そして夜は、
『おかん大阪城ホールありがとうツアー』として、10月、

おかんが大阪城ホール公演を達成した後の、凱旋ライブの、
スタッフをしてくださった方々と、慰労会でした。


がむしゃらになったこと、一生懸命やったこと、

その時には気づかないけれど、その必死が、

沢山の経験や、人との繋がりを生んでくれていること…


慰労会をしていて、

私の友人たち同士が、親しく会話したり、助け合ったりしていること…

そういう様子を見ていると、
あぁ、役目を果たせたなぁ~と、ひそかに思うのです。


心から、有難い、喜びです。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。