日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨日は大晦日で、今日は元日。


日常的に、いつも旧暦と照らし合わせながら気にかけている方は、
日本人では少ないと思いますが、
この2日間だけは、やはり意識をしますね。


神社でも、新暦の大晦日と元旦の行事のように、

昨日は旧年の健康や家内安全のお礼詣りと、
午前零時には一番太鼓を合図に新年のご祈祷が行われたところもあります。

御神酒や餅、スルメ、そばなどの振る舞いも。


旧暦も、新暦も、意識下にある私たちは、
愉しいお正月気分を、年に2回味わえるようで、有難いです。


こんな時、感じます。


やはり私たちは、自分たちで決めた世界の中を生きているんだな、と。


今の私たちは、新暦の中で生きているので、
旧暦の基準とは違っていて、
続けていくことで、そのようになっていく。


以前が間違っていたとか、今が正しいとか、そういったものではなく、
そのように「決めた」時期があり、やがてそのように「なった」だけ。


基準や常識、慣習、
「こうするから、こうなる。そう思うから、そうなる。」


たまたまなんとなく、気が付けばこうなった、ということは、
実はほとんど無く、

すべての結果には、「そうなる原因」があります。



近頃はとても、こういうことを考えます。


これが本当に分かったなら、
逆に考えると、「言い知れぬ恐怖」というものからは解放されます。


自分が今、こうなった原因。

それがどんな状態でも、必ず原因がある。

そういうものなのだ、ということが分かれば、
なりたい状態になることは、そうなるための原因を積み上げていけばいいだけです。


「そんなことを言ったって、なかなか思い通りにはならないものだ。」
と言う人には、

「自分の思い通りには、ならない」
という現実がやってくるだけです。


それは、誰かが決めたのでもなんでもなく、自分で決めたこと。
自ら、
「思い通りにいかない未来」を選択しているのです。


思い切って、信じてみませんか?

結果には原因がある。

原因を変えてやれば、結果は変わる、と。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。