日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

本日は立春大吉。

少々天候は荒れ模様の新年といったところでしたが、

皆様も、気持ち新たな1日を過ごされましたでしょうか。


私はここのところ、
やっておきたいこと、それに伴う様々な方との連絡など、

特に何もしていない時間が僅かも無いほど、
沢山のやることがあって、大変充実した毎日を送っています。


だけれどたまには、
自分の行動を振り返る時間も持たなければ、居場所を見失ってしまいますね。


私としては、
可能な限り、

言葉の意味を見失いたくないなぁ~と思っています。


言葉に反応する癖があるのか、
それはどんな心理なのかに興味があるのか、よく、

「ふぅん。それはなぜ?なぜそう思うの?」
と尋ねる癖があります。


何か言ってもらうと、
更にそのことについてまた疑問が湧いてくるので、また質問します。


これが、私が面倒な人だと言われる所以です(笑)


だけれど、言葉の意味や定義付けに、すれ違いがあると、
何もかもがすれ違っていくのが現実で、

だから聴きたくなってしまんです。


例えば今の都知事選でも、原発に関わるすべてのケースでも、
必ず出てくる、【安全】という言葉。


安全だ、と主張する人と、
安全でない、と主張する人。


その前に、
『どんな状態のことをあなたは、安全と呼んでいるんですか?』

という議論が無ければ、平行線だと思います。


この議論を抜かすことで、

本当は食い違っていないのに、食い違っていると、
勘違いしてしまうことがあります。



私の思う【安全】とは、

今現在、生きている私たちにとって、
直ちに影響が無い、

原発でいうところの、
事故さえ起きなければよい、


という意味ではなくって、



【安全】とは、

このことを続けて行ったその先の、
生物や地球に対して、可能な限り悪い影響を残さないこと、

と定義しています。


私は、その定義のもと、
日々の情報選びをしています。


世界で最も波動の高い言語、といわれている日本語。


自分の胸に手をあてて、

恥ずかしくない言葉の捉え方、情報の捉え方、物の選び方をしたいと思います。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。