日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「金を稼ぐ奴が悪いんじゃない。
持ってるのに使わない奴が悪いんだ!」


以前わたしが藻谷浩介さんのお話をお聞きしたのは、
「デフレの正体」を執筆された直後。

今回は、
「里山資本主義」について、

NHKなど各種メディアに取り上げられている中でのお話でした。

藻谷浩介 氏


初めて藻谷さんのお話を伺った時は衝撃的でした。

数字や形を見せないと納得しない人たちに向けて、

「あなたたちは数字に扱われている。
数字こそ、気をつけなければトリックの宝庫だ。」

と言い放っていたからです。


今日も様々なお話をしてくださいました。


経済を語ってきた方が、

今やバイオマスペレットのことや、
耕作放棄地の再利用などを語ってくださるようになったことが、

私は個人的にとても嬉しいです。




資本主義が悪いのではない。

「マネー資本主義」がネック。

稼いだものを使わないでいようという発想、
とにかく貯めておけば安心、

この発想がマネー資本主義であること。



私の親しくさせていただいている、
クロフネカンパニーの中村文昭さんという方も、

もうかなり前からおっしゃっていました。


「お金という概念が崩れ去る時が、もうそう遠くない、未来にやってくる。
だから自分は、本当に価値ある資源に、変換していこうかと…」


環境問題に関して、私の知る限り、
最も知識が深く、最も自ら実践されていると尊敬している、

ネットワーク地球村代表の高木義之先生も、

「お金というモノを介在させなくても、
今それぞれの人がやっていることは、できるはず。物々交換。
それで不要なことは、しないようになれば、本来の姿に還れる。」


とおっしゃっています。



私も、
最後は、そのような姿になることが、最終的な着地点だと思っています。

だけれど、
一足飛びにそこに行くことはできない。

ひとり、ふたりでなく、
皆ができなければ、成り立たないから。


だから私は、
ある種、この藻谷さんのような捉え方も、良いと思います。

いきなり、お金を、辞める、ことはできない。

稼げる人は稼いで、
たくさんお金を地域に循環させることは大事なこと。



私は、

☆誰もが今すぐ出来ることで、

☆長期的に見て、最大限、地球環境に良く、生き物にも良いこと


を、広めていくことで、

最終的には、お金のいらない世界に辿りつくことができるのではないだろうか、と考えています。


今の資本主義生活を諦めることなく、

可能な限り地球環境を壊さず、
生き物の力を伸ばす、誰もが取り組める方法。


私は、そこに向かっているものに、

本氣になります。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。