日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

つい寝不足。

そんな方も多いのではないでしょうか。


今夜もブログを書きながら、
ソチ・オリンピックをチラチラと見ていたら…


見逃せない出来事が起こったので、
書きかけていたものをやめて、こちらを書きたくなりました。


フィギュアスケート男子シングルショート。

アメリカのジェレミー・アボット選手。


競技が始まって最初のジャンプで、大きく転倒してしまいました。

壁に腰を強打してしまい、起き上がれません。

もう、諦めたように、そのまま身体を起こす様子もない。

10秒ほどの時間が流れる…



と、その瞬間、

ゆっくりと立ち上がりました。


もう駄目だという、泣きそうな歪んだ顔。



もう駄目だし、
評価点もつかないかもしれない。

でも、そんなことは関係ない!

今日のこの場に立っていること、
沢山の応援してくれる人たちのこと、

とにかく、
動けなくなる瞬間までやりきろう!



そんな覚悟と気迫が、瞬間にして光りました。

すごい…すごい…


なんとその後はノーミスで、しかも素晴らしい滑りで、
ラストまで滑りきったのです。





やりきった!

ぞくっとしました。


絶対に諦めない気迫。
結果だなんて、そんな表面的な問題ではなくて、ただ、諦めてはいけない理由がある。

……


まだ日本人選手も滑っていませんし、
11人滑り終えた段階ではありますが、ジェレミーさんが1位。



私はあんなに思いきり、しかも長い時間、
転倒してしまった人が、

そのまま滑り続けるのを見たのは初めてでしたが、

信じられない気持ちでした。



どんな状況からも、
諦めなければ、拓く道が、必ずあると、教えてくれた、深夜でした。



右目が見えなくなり、お医者さんに止められても、
選手として滑り続けている人もいたり、

団体戦を大成功におさめた地元のプルシェンコ選手が、腰の痛みにより棄権、
このまま引退を宣言してしまったり…


それぞれに人生を、壮絶なほどに挑んでいる人たち。


スポーツでも、何であっても、

そのことが、本当に素晴らしい。



孤独や思うようにいかないことに、
少し心折れそうになってしまうこと、度々ありますが、

そんな心に、パンチをもらった気分です。よし!



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。