日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

1月は行く、

2月は逃げる、

3月は去る、

この時期はうかうかしていると、あっという間に過ぎてしまう、

と、よく云われています。

殊に、
その通りよねぇ~、とお話する人たちは、比較的年配者に多いです。


これはもともと、

農業が盛んであった日本では、
1月から3月は、いわゆるオフシーズンにあたるので、

うっかりぼやぼやしていると、
あっという間に時が過ぎてしまう、という口承です。


あくまで、
うっかり、ぼやぼやとしていると、です。


昨日と同じ今日、今日と同じ明日、

それが悪いという意味ではありません。


ただ、
そういう毎日の過ごし方をしていると、確実に、

1月は行き、2月は逃げ、3月も去ってしまうわけです。


そして、
私たちの命は、この人生を全うするためにあり、
私たちの人生は、時間で出来ている。


その、最も大切なはずの時間が、
「気がついたら、過ぎていた」

で、いいのでしょうか…


人生も、
「気がついたら、終わっていた」

で、いいのでしょうか…



このいただいた命をめいいっぱい生きるために、
自分だけの人生が、きっとあるはずです。


ほんの少しの勇気が出ないばかりに、

まぁいいか…と、気にはなりつつ見過ごしてきたすべてのこと。


命を終えるときに、思い出しはしないでしょうか…



だけれど、人の脳は現状維持が大好き。

その内容が、良かろうが悪かろうが、とかく、
これまでと同じ行動を取ることが安心で、やったことのない行動は、不安なのです。



ぽんっと、そこを出てみたとき、

何かが始まるのかもしれません。



私はおかげさまで、

年が明けてから、まだ、
たった1ヶ月半しか過ぎてないことが信じられないと思うほど、
自分の枠を飛び越えるチャレンジを続けています。


毎日毎日、
揺るぎなく目指す先がある日々は、

1日1日を大切に思う気持ちが、
深くなる日々でも、あります。


今日は、素敵な心意気のお友達と、食事をすることができ、
沢山の刺激をもらいました。

ありがとう。





今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。