日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨日に引き続き、
ことだま講師の講習、2日目が終わりました。

昨夜、
『おつかれさま』『ごくろうさま』の意味合いについて書きましたが、

反響が大きく、嬉しく思っています。


良いものがつくように、
良いことが来るように、

という『祈りの言葉かけ』なんだ、というお話。


そういったことを、
知ってほしいなぁ~とは思いますが、

『お幸せさま』などの新しい言葉を、否定するわけではありません。

相手に幸せが訪れてくれればいい、という、心には、共通点があると思うからです。



『ありがとう』や『ついてる』という言葉が良い、ということにしても、

ただただ、
呪文のように、自分で自分に言い聞かせる、ということには、

あまり、大きな意義はないのではないかと思います。


感謝の言葉はそれ自体素晴らしいものですが、
『人から言われて、はじめて意味を成すもの』です。


人のために何かができて、
ありがとうという言葉をいただいた時、

本当の意味で、ありがとうが生きてくるのではないでしょうか。


もちろん、悪い言葉を発するよりは、
呪文であっても、良い言葉を発したほうが、

気分的に良い、ということは、ありますよね。



日本の言葉って、素敵です。


祈りの言葉かけや、約束の言葉かけ。


日常の挨拶の中に、
日本人が大切にしてきた精神性が沢山、詰まっています。



『ことだまセミナー』の入門編を、講師としてお話させていただくことが、
これから出来るようになってきますが、

枝葉の要素よりも、
本質的な精神性に、触れていただき、興味を持っていただけるような、

話の仕方、展開の仕方を、

きちんと考えていかねばならないな、と感じました。


やはり、それには経験が必要なようです。


ドキドキするけれど…
これからがとても、楽しみです。





さて、藤が丘から、名古屋駅に移動してきました。

今夜はこのあと、大学時代の友人に少し会えることになっています。

同級生はほとんど、
人の親になっている…ということで、

独身・半人前の私は、色々と教えていただいてきます☆



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。