日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

『俺この前、成人式やったんやけど…

それで、大人になるってどういうことか、
わからんでから、ずっと考えてて、
色んな人に聞いて廻ったんさ。

愛子ちゃんにとって、大人って何?

大人と子供の違いって何?』


先日、名古屋から伊勢市に行く途中、

この彼に会いに、亀山市に立ち寄ったわけなのですが、

食事の前に早速、
こんな質問をもらいました。


と、私は案外、即答でした。


『人のために、何かをしようって基準で動ける人。

子供の間は、自分のことしか考えない。

大人になったら、自分が人のために何ができるかを考える。

でも子供の間はむしろ、自分のことだけでいい。
めいいっぱい甘えて、大事にしてもらって、
ワガママに愛情を欲しがって泣いて、

そうして、満たされて、愛されてるとか、必要とされてるとか、

ちゃんと分かっている存在だからこそ、

今度は人のために、動けるようになるから。』



彼は、そんなにちゃんとハッキリ答えてくれた大人の人は初めてやぁ~、
と言ってくれました。

私は、そんなことないだろう、こんな風に言う人は、
きっと沢山いるだろう、と思っていたのですが、

彼は続けました。


『まぁだいたいの人が、
自分の行動に責任を持つこと、とか、

式典で、偉い人までそんな決まりきったことしか言わん。

なんかよくわからんかった。

その日の宴会に、俺は高校の時の担任の先生も呼んだ。

先生にも、大人と子供の違いって何ですか?って、
皆の前で挨拶してもらってる時に、聴いた。

そしたら先生、『考えたことないです』って言うてん!!』


えーっ?


その先生は40代半ばだそう。


私は、彼が、そのあと続ける言葉は、
『40も超えて、考えたことないってなんやねん!』

だと、思いました。



彼が言ったことは、

『40も過ぎた大人が、ハタチの教え子に、
大人ってなんですかって聞かれて、

考えたこともなかったですって言うたんよ。



凄くない?!?!』


え?凄いの?






あぁ…そういうことか…



彼は、

こんなハタチになりたての教え子に、
40も過ぎた大人が、皆の前で赤っ恥かかされたのにも関わらず、

正直に、


『先生、考えたこともなかった。
でもこれから考えてみる。
考えるきっかけをくれてありがとう。』


と、言ってくれたんだそうです。


彼は、
その素直さ、潔さを、凄い、と言ったのです。


考えたこともなかった、という返答に対する、
情けないなぁ~という感想よりも、

それを素直に認め、気づかせてくれてありがとうが言える素直さを、
凄いとすぐに受け止められる、


彼の感性は、真っすぐに、伸びている。



そんなことを、感じさせてくれました。



大人と子供の違い。

正解も不正解も無いけど。


途中まで同じで途中から違う。


人のために、が、あるのが、大人かなぁ~



健康でいる。

自分が人生を愉しむために。
いつでも人のために動ける体であるために。


笑顔でいる。

自分が人生を愉しむために。
少しでも周りの人の心を和ませられるように。


豊かでいる。

自分が人生を愉しむために。
もっと世の中の役に立てるように。


自分のことも、自分以外の人のことも、
いつもワンセットで考えられたら、いいですね。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子








スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。