日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014.03.12

台湾旅行1日目

12日、早朝出発で広島空港から、台北へ向けて出発しました。


出迎えてくれたガイドの林さんは、
歴史語りに熱い方で、

日清戦争で日本が勝ってから、
中国から差し出された台湾を、植民地として統治していた時代、

けれども日本人を恨む者は居ないこと、


これまでずっと、海外旅行者は日本人が最も多かったが、
規制が解除されたことで、4年前から中国人が旅行に来るようになり、

今では圧倒的に中国旅行者が多いが、
マナーが悪いので困っていること、


偏った歴史教育を受けて、自国の残虐さを知らない中国人に対し、
観光地で、それが分かるようなフリップを掲示していること、



沢山たくさん教えてくれました。


また、台湾で、戦争で亡くなった方をお祀りしている地へ案内いただいた時も、

「日本の靖国神社参拝について、日本人が色々意見が異なるのはいいが、
外国の者が口を挟むことは、とてもおかしい。」

と言ってくれました。


台湾の方というのは、本当に、人の心に寄り添ってくれます。

なんだかとても、嬉しかったです。






その後数箇所観光し、
夕飯をいただいたあと、少しの隙間の時間で、

ホテルの周辺をウロウロと歩いてみました。


小さなブティックが目に入り、覗いてみると、
とても優しく迎えてくれる女性。

少しだけ、日本語が分かる様子。


入店し、少しお買い物をして、
少し話しかけてみました。


「日本語わかりますか?

三年前、日本の、地震のとき、
台湾、助けてくれた、ありがとう。」


「あー!あはは、ありがとうありがとう!」


なんとか意味は分かってくれたようで。

一緒に写真も撮ったり、
連絡先を交換したり、しました。




よかったぁ。伝えられて。


明日は1日自由行動。

どんな出会いができるかな。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子





スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。