日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

あっという間の3日間。

台湾も寒かったけれど、日本はもっと寒いですね。

空の上は、感動的な美しさでした。


空の上に、国境はなく。
みんな繋がってる、を、感じるひとときです。





無意識に立ち寄った東門駅、5番出口を出ると、
3年前にも訪れた、台湾ブランド、a la sha が目の前に出てきて驚き、



そのまま3時間程も滞在し、
日本語がわからない女の子と、ずいぶんコミュニケーションを取りました。



今朝出発前には、

3年前と同じ、
小籠包が衝撃的に美味しい「金品茶楼」にも立ち寄れました。









ありがたいことに、社員旅行では、
毎年アジアに行かせていただいています。

北京、マカオ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、台湾、済州島、タイ、台湾…

台湾が私は2回目になりましたが、

台湾は、アジアの中でも、
様々な面で、日本の感覚とあまり変わらず滞在できる場所です。

1人行動、
本当はもっと、警戒して行動するべきなのでしょうけれど、
比較的私は、気をつけながらもドンドン進みます。


夜歩くときなどは特に、

きれいな服装などにはせず、フードを目深にかぶって、
バッグをお腹の前にたぐり寄せたまま、足早に歩く。


海外旅行で、
観光客に見えないように振る舞うのは、得意なんです。

道を尋ねられることもしばしば。


それでも3年前とはずいぶん事情が変わってきています。

添乗員の林さんのおっしゃっていた通り、
中国人がかなり多くなっています。

台湾の方々も、中国の脅威を感じながら暮らしておられるようです。


台湾の人々とは、本当に、
打ち解けるのが早い。


はじめから、

『相手を尊敬する気持ち・心を開く用意』

があるからかもしれません。


どんな人とも、普段から、
この気持ちを抱きながら人間関係を築けたなら、

きっと楽しく、円滑にいくことが多いのでしょうね。


それにしても台湾は過ごしやすい。
もっと台湾の人たちと親交を深めていきたい。

愛媛県松山市と、台湾の松山が姉妹都市になり、

松山空港ー松山空港と、直行便が就航するようになれば、
もっともっと気軽に、行けるようになりますね。


県内だけじゃなく、
日本国内全土に友達がいれば、

県外のことも自然に思いやれるようになるように、


日本だけでなく、
世界中に友達がいれば、

国外のことも自然に思いやれるようになるでしょう。


これも、
世界平和へのアプローチのひとつですね。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。