日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨日まで台湾にいたのだけれど、今日はもう、会社に出社して、
アナウンス業務などをしていました。


台湾でお友達になった女の子たちと、昨夜日本に帰ってからも、
facebookメッセージを使って、メールのやりとりをしていました。

連絡先を交換しよう、とか、
初めて口にするときは、ドキドキしたりもするものですが、

日本に帰ってきて、連絡を取り合ったりするようになってみて、

あの一瞬の勇気を出したことで、
世界が瞬く間に拡がるものなのだと、つくづくと感じます。


逆に、なぜかためらって、連絡先を聞けなかった女性もいて、
そのことが、戻ってからとても悔やまれます。


台湾で日本語を勉強している学生の女の子だったり、
ショップの店員さんで、日本語を先月から勉強し始めたという女の子。

日本語を話す人の数は、
英語や中国語を話す人口から比べれば、本当に微々たるものなのに、

わざわざとても複雑難解な日本語を学ぼうとしてくれているんです。


「日本が好きだから。」


彼女たちは、

「あなたが私にとって最初の日本人の友達です。」と言ってくれました。

私は、もう、何か、本当に嬉しかった。

彼女たちにとって、私が、日本人女性としての標準になるのかもしれない。

やはり、外国の方と接する時、私たちは、日本人というひとつの括りとして、
注目されることを、意識していなければ、と思います。


台湾の方々が、尊敬してくれている、昔の日本人像。

失望させないように、素晴らしい日本人性をやはり、取り戻したい。


彼女たちの学ぼうとする姿勢に触発されて、私も、
英語をもう一度勉強し直したいな、中国語も少しは分かるようになりたいな、と感じました。



交通機関はどんどんと発達し、安価に移動できる方法も増え、

世界は急速に、「狭く」なってきています。


私たちが見ることのできる、

繋がることのできる世界は、

私たちが思い描く以上に、広く、

感じていた以上に、近くに、あります。



私たちにとって、そうであるように、

彼ら彼女らにとっても、そうです。


日本にも、これから、もっと沢山の外国人の方々が入ってきます。

既に、都会のコンビニでは、
アルバイト生の中に日本人を見つけるほうが難しくなってきています。


日本にいても、外国の人たちと仕事をすることが増えるでしょう。

外国に行って、外国の人や日本の人たちと仕事をすることも増えるでしょう。


はっきり申し上げると、

なんとなく生き、なんとなく働く日本人の居場所は、
しっかりと意識を持って立つ外国の方に、とってかわられてしまうということです。


それらは、
ずっと先の未来のように思っていたことかもしれませんが、

どんな人にとっても、ごく当たり前で、身近だと言える時代が、

すぐそこまで来ています。


そんな時代に在って、

真の日本人としての価値、
真の人としての価値、

そういったことを考えたとき、


このままの生活でいい、現状維持でいい、
と断言するような勇気は、私にはありません。


気がついたら、
一体どこに辿り着きたかったのか分からないような人生ではなく、

しっかりと意識を持って意図を持って、この航海を終えたい。


日本人として、少しでも、世の中のお役に立てる力を、
つけていきたいと思います。







写真は、

私が訪れた台湾ブランド店・ a la sha でいただいたカレンダーと、

桃園国際空港で、アンケートにお答えして、プレゼントとして手渡してもらえた、キーホルダーです。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子







スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。