日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日のお休みは、
一日中途切れることなく、好きな人たちに会えて、とっても満たされた1日でした。


お昼には高校時代の同級生とのランチ、

いつもお世話になっているお店のオーナーさんともお話し、




仕事でもプライベートの活動でも、共感し寄り添ってくださっている先生ともゆっくりお話ができ、

そして夜にはまた、高校時代の同級生と、初めて行くお店へ…






人と会ってお話をするとき、
とっても良いコミュニケーションができたなぁ~と思うときは、

自分も、相手も、
心から純粋にその時間、空間を愉しめたとき。

もっと言えば、癒やされたとき。


そんなときには、
その人と会う前の自分より、会ったあとの自分のほうが、

なんだかとても、穏やかな感情になっているような気がします。


その逆に、
一日中人に会って、なんだか疲れた…
というときは、
良いコミュニケーションがとれなかったときかもしれません。


せっかく出会えて、
その時間は、他の誰でもない、あなたと私だけなんだ、という空間の中では、

時を同じくできるなら、
できるだけ、質の良いコミュニケーションがしたい。


最低限、会ってよかった、と思ってもらえるような。


だけれど最高のコミュニケーションというのは、きっと、

その時間の中でも、
こんな時間が持てるなんて、生まれてきてよかった、なんて思えること…


そんなことを思ってもらえるような、
そんなことが叶えられる人間になったとき、


私自身の、

生まれてきてよかった、

にも、繋がるのだと、思います。



極上のコミュニケーションのツボ、
というお話を聴いたことがあります。

それは、



【自分と相手を繋いで、自分を癒やす】



自分と相手を、本当に、繋ぐことも、
自分を癒やすことも、

案外、深く、難しいことではありますが、

それができたときは、

やっぱり、
人は人の中で生かされていて、

だから、
人生の愉しみは、拡がってゆくんだなぁ~と思えます。


様々な、諦めそうになってきた悔しい経験も、
愛おしく感じられるように、変化していきます。



ランチのときは、

私が、東日本大震災当日の夜、
車椅子に乗っている友達を連れて、大阪行きのフェリーに乗ったときのこと、

その大阪で、どんな光景が拡がっていたのかのお話…


久しぶりにその当時のお話に、ふと、触れて、


鳥肌が立つ…


と言ってくれた彼女の言葉で、

つい、さらけ出された私になって、
涙が込み上げてきました。


繋がって、癒やされた瞬間だったように思います。


私が癒やされただけなのに、
彼女にとっても、とても良い時間だったと言ってもらえた。




私は、決して、コミュニケーションが上手なほうではありません。

なかなか信じてもらえませんが(笑)


ひとりっ子で育ち、
なんでも1人でやってきた私には、

人と本当に心を上手に通わせることが、天性としてうまくやれるほうではないのです。


特に、小さな頃は、女性恐怖症のようなところも、ありました。


けれど本当に、沢山の出会いや、

苦手だからこそ、どうすれば…?!

を考え、


練習、練習、練習…

の中で、次第に、上手かのような、体裁が整ってきたに過ぎません。


今でも、上手ではありません。

一見、上手に話せているように見えても、


「あ…しまった…
あまり相手に喜んでもらえるようなコミュニケーションじゃなかったな…」と、

反省することは、とても多いです。



【自分と相手を繋いで、自分を癒やす】



お互いにとって、
これが本当に、素晴らしい上質な時間になるための、鍵ならば、

苦手でも、鍛錬していきたいと、思います。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子









スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。