日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

温泉 = 癒し= soft 現代人にとってとても大切なものです。
ゆ 名前の[ゆ]はいいと言うこと聞いたことあります。
あ は、それ以上にいいと思っています。母音のトップ そして愛だもの•••
ゆずる ^_^ 、検索すると 金メタルが多すぎて、 私隠れて困っています。
石井宏子さんご存知ですか? 温泉スペシャリスト。

2014.03.31  ひの ゆずる  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

みなさんは、お風呂、温泉、好きですか?

私は、ぬるめのお風呂で長湯するのが好きです。


日本人は、お湯にあたたまり、ゆっくりと身体をあたためることが、
とっても好きで、昔から、蒔で炊いたお風呂に入ってきましたね。


【湯治(とうじ)】という言葉があるほど、
お湯には、人の心や身体の傷を癒やす力があると、考えてきました。


そういう文化であったということは、
その習慣が、私たち日本人の身体に合っているということ。

欧米文化の真似をして、
シャワーだけで済ませていると、あまり身体に良くありませんね。




先日、久しぶりに、
『名前のことだまセッション』をさせていただきました。


セッションの最初に、

どういうところに興味があって、
この名前のことだまセッションを受けたいと、思ってくださったんですか?

と質問すると、


『愛子さんが大事にしていることのようだから、
どんなものかと、興味が湧いた。』


と、言ってくださいました。


いきなり、じーんとさせてくれる言葉…


これって、実は、1番嬉しい言葉です。


『それがどんなものかは、分からない。
でも、あなたが大事にしているものなら、聴いてみたい。』


この言葉をいただけた瞬間って、

自分で自分のことを、自分の人生のことを、
褒めてあげたくなる、瞬間です。



先日来、何度か、【情報】との向き合い方について、
ブログに書かせていただきましたが、

結局のところ、端的に言えば、


【本物の情報を得られる瞬間】とは、きっと、

彼女が私に言ってくれたような言葉を、
相手に対して投げかけたとき。


と、次の瞬間、相手から出てくる情報は、おそらく、
信用に値する、価値ある情報なのだと、私は思います。



ところで、彼女のお名前は、ゆうこさん。

【ゆ】は、お湯のゆ。結いのゆ。


お湯というものは、元々、存在した最初からお湯、ということはありません。


地下のマグマにあたためられて、水が温泉になったり、

水を人工的にあたためて、お湯を作ったり。


お湯は単独では成り立たない。

だから、

自分の背景にある、何か大きな言い知れぬ存在のおかげで、
自分が在るのだということを、常に意識すると、

より一層、力が発揮できる人。


また、自分1人では出来ないから、
結いの力で、助け合い、共同作業で物事を作っていく、

その重要性を教えてくれる人。


名前のことだまは、

誰かや、何かが、あなたを幸せにしてくれるお話ではなく、


既に幸せな存在であるあなたが、
人のために、
何が出来るか、


という、お話です。



ですから逆を云うならば、

あなたが出会った相手の名前は、あなたに対するメッセージでもあるわけです。


【ゆ】

もう少しゆっくりでいいよ。
1人でがんばらなくても、皆と一緒にやったらいいよ。


ゆ、のつく名前の人に出会ったら、

その人があなたに、こんなメッセージをくれているのかもしれませんね。



ちなみにゆうこさん、
セッションで、

旦那さまの呼び方を迷っている、とのことでしたので、


どうぞ、下のお名前を、さん付けで呼んで差し上げてください、
とお伝えしました。


その理由はまた、別の機会にと思いますが、

ともかくゆうこさんは、すぐにそれを素直に実践されました。


旦那さま、
ゆうこさんのことも、これまで1度も名前で呼んだことがなかったそうですが、

ゆうこさん、と、呼んでくれるようになったそうです。


しかし旦那さま、その翌日…

熱を出して寝込んでしまったのだとか。


慣れないことをしたからかしら?
と、ゆうこさんは冗談まじりにおっしゃっていましたが。


そうだとしたなら、好転反応だと、信じて…(笑)


ご夫婦が、お名前で、しかもさん付けで呼び合うなんて。
互いへの敬意を感じる、美しい様子ですね。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






スポンサーサイト

コメント

温泉 = 癒し= soft 現代人にとってとても大切なものです。
ゆ 名前の[ゆ]はいいと言うこと聞いたことあります。
あ は、それ以上にいいと思っています。母音のトップ そして愛だもの•••
ゆずる ^_^ 、検索すると 金メタルが多すぎて、 私隠れて困っています。
石井宏子さんご存知ですか? 温泉スペシャリスト。

2014.03.31  ひの ゆずる  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。