日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

桜が咲いてくれている。

それだけで。

あちらこちら、すぐ近くに、神様がいてくれてる。

そんな幸せな気持ちになりますね。





私の会社にも、新入社員がふたり。
一生懸命で、清々しい。

平成16年、ちょうど10年前の今日、
私もこの会社に入社してきました。


10年前の新入社員として、
何をふたりにお伝えしようかなぁ~と考えていると、

浮かんだ思いは、ひとつ。



これまでの10年で、時代は大変に変化したけれど、

これからの10年は、更に変化に富んだ10年になってくると思います。


日々の雑多な出来事の中で、

これは一体…何のためにこんなことをしなくてはならないのか、
と思う場面にも、多々出会うでしょうけれど、

そんな時も、いつでも、

『社是社訓』だけは、変わることがないから、

何のためにやるのか分からなくなったら、必ず、
社是社訓を、思い出してください。



ということ。



まぁ…

自分に言っているようなものです。




いま、私には、
使命感を持って、一生懸命お伝えさせてもらっていることが、あります。


両親ともに、大きな病気になった、
今だからこそ、

変わったこと、わかることが、沢山あります。



たとえ、時に、
人に誤解されたり、揶揄されたりしても、揺るがない。


とても大切なことだという確信があるから。
どの角度から見ても、確信があるから。



何のために、そんなに一生懸命になるのか。


少しでも、あなたのお役に立ちたい。
ただ、ただ、その一点を今、見つめていると、

いま自信を持って、言えるから。



自分の身の回りのことをつい忘れ、

誰かのことに精一杯になれる時というのが、

私にとって、
大切な時なのかもしれません。



偽善者だって、云われてもいいんだぁ。

綺麗ごとだって、云われてもいい。


綺麗なことは、好きだから。






今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。