日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

冬の名残が消え、各地で桜の花が咲き誇り、はらはらと散ってゆき、
4月ももう、半分が過ぎ去ろうとしています。


季節の移り変わってゆく時期というのは、
自然のリズムも変化すると同時に、
人の身体も心も、緩やかに変化の準備を始めるものですね。


花粉症の方の症状はいま、どのような状況ですか?

私はおかげさまでほとんど症状がなく、もう夏に向かっていく心の準備が始まっています。


ちなみに花粉症は、花粉が原因ではありません。


身体にとって有害なものに対する対処は出来ないのに、
あまり有害ではない花粉に対して過敏に反応してしまうという状態。


花粉は昔から存在しています。


問題なのは、花粉ではなく、添加物だらけになって麻痺してしまった、
あなたの身体のほう。

なのです。



あなたが問題だと思っているものが問題ではなく、
あなたが問題ないと思っているものが問題である。

そんなことも、あるかもしれませんね。



明日のお休みには、
ふたりのお友達と会って、ゆっくりご飯をいただくことができます。

人に会い、素直に率直に対話できるということは、それだけでもじゅうぶんに幸せなのですが、
「一緒に食事をする」ということは、更に、

もっともっと、互いの仲を近づけてくれる、ありがたいこと。



「同じ釜の飯を食う」という言葉があり、
主にそれは、生活を共にしてきた同志のことを指す場合が多いですが、

そのことを、
「同じ釜の飯を食ってきたんだから、絆の強い同志である」という意味に受け取るように、

ただ会話をするよりも、
一緒に食事をするということは、もっともっと、互いが打ち解け合える、大切な要素です。


不可抗力以外では、食事は、好きでない人とはしませんから。

元をたどれば、食事は、家族で行ってきたもの。身内、仲間で行ってきたもの。


「一緒にご飯を食べよう」は、「あなたと仲良くなりたいな」ということですね。




「ご飯食べようよ」

そう言い合える人が居る人は、それだけで、とっても、幸せです。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。