日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014.04.15

愛の傾向

2人のお友達と、ゆっくりお話をする1日でした。

色んなお話を聴きました。

特に夜は、どんどんどんどん、話が深まって、
普段、ほとんど口にすることのないような、
自らが抱えている話になり、

私自身も、ほとんど誰にも話したことのない話を、しました。


秘密を、話してくれたから、
秘密で、かえす。


なんだか、そんなようにも思えます。



私が取り組んでいることのひとつ、
名前のことだまでは、

名前の一音一音である、音から、
色々なことを紐解いてゆくものなので、

漢字ではなく、ひらがなを捉えていくものですが、


あえて、漢字という概念から捉えると、
私自身の名前にある、《愛》という言葉、

これは、実は、

西洋の概念なんです。


日本には、愛という概念は、もともと無かった。

和とか、明とか、直とか、清とか、

そういう概念はあっても、

愛とか、真理とか、

そういう概念は無かった。



愛は、

あなたと私が居て、与えたり、もらったりするもの。
あなたと私を行き来する、直線的なもの。


和は、

広がり繋がり、多面的なもの。



だからなのか、私はいつでも、

【今、何をこの人にあげられるだろうか】と、考えてしまうことが多い。


私からあなたへ、何かを注ごうと、してしまう。

また反対に、何かをもらおうと、してしまう。


思いの動線が、直線的なんですね。



もう少し、柔軟に、柔らかに、日本的な価値観を取り入れられたら…
とも、思うのですが…


直線的だからこそ、
相手に渡せるものや、パターンは、多いほうがいいからと、

手持ちのカードを色々と取り揃えていこうとするのかもしれません。


この名前でいて、
日本の価値を伝えていくことに、何か大きな意味があると信じて。


私が出逢う人に、
渡せる何かは、きっと大きな意味があると信じて。



あなたと私、
その広がりが、きっと、和だから。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。