日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

私は、もう1人のあなたです。


これは、インラケシュという、マヤの挨拶だそうです。


相手に、
共感したり、共鳴したりする、というのではなく、

相手に、なる。

相手になって、相手が見たり感じたりしているものを、見る。


そんな風な人との接し方って、皆さんはされますか?


私は、案外と、気がつけば、このことを勝手にやっています。


人の話を聴きながら、自分がそれを体験したかのように、
ありありとその現場の感覚を、感じることが、よくあります。


そういえば、物心ついた頃から、
例えば、

道端で敷かれてしまった猫なんかを見かけると、
車に乗せられサッと通り過ぎてしまうだけの瞬間でも、

途端に、
道路で横たわり、地面に頬をつけて、車や人々が行き交うのを見つめている…

自分が、横たわっている感覚になっていました。


物悲しさ、辛さが、一瞬にして、自分の中に…


もともと、身についていたようです。



昨年の夏、《時間をはずした日の祭り》を、内子のほうで主催した友達から、
改めて、

マヤのこと、自然時間のこと、宇宙意識のこと、
教えていただきました。


昨年の夏7月25日は、単純に、浴衣を着て、意味もわからず、
ただ楽しませてもらいました。








時計という、二次元の世界に閉じ込められてきた私たちだけれど、

本当は、自然時間の中に暮らしていた。

本当に、自然と調和して生きるとき、

日の出と共に起き、日が沈むと活動をやめる、
太陽のサイクル、宇宙のサイクルと、共にあるとき、

本来の自分自身が返ってくる。



私は実は、これまでずっと、《地球》にフォーカスしてきました。

だから、世界平和、ということを念頭に置くのですが、それはいつも、
地球のことを指していました。




本当は、太陽系の中の地球、宇宙の中の地球だと、
わかっていたけれど、

どうしても、宇宙までのイメージが出来なかったのです。

だから自分は、地球を常にイメージし、進めていこうと感じていました。


だけれど、友達に教えてもらった、

宇宙のサイクルの時間軸を生きてみる、

ということをイメージした時、


《宇宙規模の感覚が持てるかもしれない》


という気持ちが湧いてきました。


まだまだ、よく分からないことが多いけれど、
そんな意識に少しずつ、触れる手段として、

コズミックダイアリーというものを、
取り入れてみようかな、と感じました。



少し難しいような気もするけれど、
難しい言葉や何かは、

後から感覚と調和してくるはずだから。


まずは何より、

もっと自然を感じられる自分でいたいですね。



日の出の太陽の、
あの柔らかさ、あたたかみ、希望の放射…

この世の醍醐味のような、あんなにも美しい時間を、
私はいつも、眠っていて、知らない。


新年とか、特別な時しか、味わってきませんでした。


日の出と共に起き、
太陽の光を希望いっぱいに浴びるという生活に…

シフトしてみたいな…

そう、強く、感じました。



日本人は、誰よりも、

1日を、

希望で始め、喜びで終える、ということを、知っている人種です。


名前のことだまとも、リンクするところを感じました。



地球だけでなく、宇宙にも意識を向けてみたい。

そう思っていたところに、このようなお話が舞い込んできました。


すべては、本当に、うまぁく、まぁるく、なっていますね。


そうそう、コズミックダイアリーによると、私の誕生日は、

【KIN 178 ・ 白い太陽の鏡】

キーワードは、

【意志、脈動する、実感する】
【果てしなさ、映し出す、秩序】

なんですって。


あと5日後に、お誕生日を迎えるそう。
生まれ変わるよな、気持ちを持ってみよう。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。