日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今回の大阪も、沢山の方に大好きな人たちとお会いすることができました。


ロックバンドおかんが、今月いっぱい、
JR大阪駅の中央南口で、毎日ストリートライブをしている、

ということで、旅の最後の最後は、
ちょっと予定を変更して、18時に大阪駅へ。

ずっとずっと大人気だったCD【人として】と【Acorstic2】が廃盤になるということで、
自分たちの原点である、ストリートで、残りのCDを手売りしていくと、

続けています。



『無表情に流れゆく人波の中
あなたに逢えたのは何故だろう…』

から始まる、【人として】は、
ストリートで行き交う人波の中でこそ、

本当の力を発揮するような気がしました。
やっぱり、泣けた。


昨年10月、新居浜に来てもらってから、半年ぶりのおかん。

でも、久しぶりの氣はやっぱりしません。




彼らは先週、アジアツアーから帰ってきたところで、
台湾の現状もよく、見てきています。

ボーカルのDAIも、
私が、久しぶり~、と声をかけようとしたら、

昨日も会ってたかのように、
いきなり、台湾の話を始めました。


お互いに動き回ってて滅多に会わなくても、
一度本当に絆ができたら、連絡を取る取らない、会う会わないは、

あまり、関係がないのかもしれません。



DAIは、

「事務所をアジアに移したんは、
そこの方が本当に社会問題に関心の高い方で、

本当にアジアをひとつにしていきたいと考えられてて、
だから一緒にやっていこうと決めたんやけど、

台湾の人たち大好きやし、なんとかしたいんやけど、
中国の人たちだって同じ人間で、もう友達も沢山いて、

自分たちがアジアに出て行ったのは、
日本じゃ嫌とかでもなければ、どこかの国だけ、とかでもなく、

アジアがひとつになるために、と思ってるから、
おかんとしてはあの時点では何も言えなかった。

ただ、歌いに行かせてもらった時は、
中国人と台湾人も、一緒に肩組んで歌ってくれてた。今回も。

それを今回、また確かめられた。

俺らは、そういうことを、伝えていかないかんと思ってるし、

そんな場面を、もっともっと拡げていきたい。

トップ同士が話し合ってすべてを決める時代じゃなくて、
ひとりひとりがもっと、やれる時代やもんなぁ。」


と話してくれました。

音楽フェスも、今回の台湾のことで、中華圏では何百と中止になったそうです。



今回の大阪では、流通業の方、飲食業の方、そして音楽のおかん、

様々な方の本氣の想いを聴かせてもらうこととなりましたが、

【熱】が集まっている、と感じます。


ベクトルが、自分のほうじゃなく、
少しでも、自分のいるこの世界を、少しでも良くしたい、

そのための、
流通業であり、飲食業であり、音楽であり、


それぞれの立場から、いま、本当にこの世界を想う熱が、
集まっている。


どんなに、結果は遅くても、

歩むことを止めてはいけない。


それが本当に意味あることだと、
あなたの魂が叫んでいるなら、

結果が遅くなるかもしれなくても、出来ないかもしれなくても、

歩む足を遅めてはいけない。歩むことをやめてはいけない。


目の前のひとに本氣で伝え続ければ、
ほんの僅かずつでも、必ず、動いてく。変わっていく。


また皆さんから、元氣をもらいました。

ありがとう。






スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。