日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

私の家の庭には、

5~6年前、取材に行った際に頂いてきた、
ジャーマンアイリスの花が、

毎年今の時期になると、綺麗に花を咲かせてくれます。


ジャーマンアイリスは、比較的丈夫で、
水はけのよい乾燥した土のもとであれば育つのだそう。

そうであるとしても、
うちの庭の条件はひどいです。


ジャーマンアイリスを植えるために、
多少よけたことはよけたけど、

周囲は大きな砂利に囲まれています。


育て方のマニュアルにあるような、植え替えも、
してあげれていません。


それでも毎年、この時期になると、見事優雅な花を咲かせます。




【花は、生き方を迷わない】

どんな環境であろうとも、
私は、このように咲くと、決めているから、

例え周囲の状況が整っていなくても、
本来の自分自身を、見事に咲かせようとします。


私たちは花ではないから、
生き方をよく、迷います。

周囲の状況によって、心はいつも、右往左往します。


それでも、

【自分の機嫌は、自分でとる】

例え周辺の状況がどんなに自分にとって望ましいものでなくても、
自分の心と身体のために、そして周囲の大切な人のためにも、

自分の機嫌は自分でとる。


嫌だと思うことに、注目し過ぎて、囚われて、
そのことを考え過ぎてしまうことは、

大切な大切な、自分自身の人生を生きていないということ。
周囲に振り回されているということ。


あなた自身の人生を、前に進めなくては。


少しは囚われて、凹んだり荒んだりすることもいい。

周辺の状況も少しは味わったなら、
またあなたは、

自分の心が気持ちいい場所へ、きちんと自分を返してあげて。


どうしてもうまく出来ないときは、
思ってもいなくても、ニッと口角を上げてみるだけでもいい。

無理にでもニッコリすれば、
脳はそれを喜びだと勘違いしてくれて、本当に気持ちいい状態が、帰ってくる。


あなたのためだけじゃない。
あなたとあなたの周囲の大切な人たちのために。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。