日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ありのまま

愛子さん、もう東北ですか?
以前のブログにコメントです。

私はありのままの自分という表現が
余り好きではないのです。

美輪明宏さんがいうように
ありのままの自分を出して
努力もなしに受け入れてもらうなんて暴力よの
言葉も共感します。

ありのままの自分
本当の自分

ありのままの自分を隠して
生きていることを否定している人も
いますが、ありのままの自分って
何なのかを考えるとまた難しくなって
しまいます。

私はありのままの自分でもいいのだけど
それで満足してはいけませんよという
ことなではないかと思うのです。

日本の華道、茶道、武道などの道を
歩む人に完成や満足はありません。
満足してしまったらそこでおしまいです。

日本の精神は無限にらせん状に成長する
精神です。時には休息もありますが、
やはり死ぬまで修行、成長だと思うのです。

匠の世界でこのままでいい、
ありのままでいいなんて思うことは
ないと思います。

ありのままでいいのは、少し休息する
時なのではと思っています。

またありのままとは自然体、
作為のない状態だと思います。
これは東洋思想、哲学の基本だと
思います。

人の手がかけられていない自然な状態
ありのままの状態を理想とした
東洋思想があると思います。
どのような状態もありのままですから
悪く言えば改善、改革、成長がないので
東洋思想と言えます。

逆に西洋思想は成長、改善を目的と
してきました。よりよくなるために
人の力を信じてきたのです。
悪く言えば自然破壊になりました。

このありのままの東洋思想と人の
力を信じてきた西洋思想を統合するのが
日本の和の力では無いかと最近強く
思うようになってきました。
両方のバランス感覚が大事です。
バランス感覚も和の力です。

和、異質なものを一つにする力
日本の和ってやはりスゴイです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

昇華させる・・

コメントありがとうございます。
そうですよね。昇華させること。
生まれたままの、ありのままの、
自分の素晴らしさを、最も輝かせるために、
努力が必要。そんな風に思います。

仕事でアナウンス業務をしていますが、アナウンスは、
ニュースをなんとなく聞いている人にも、すんなりと、内容が入ってくるように、
ありのままに聴こえるようにするために、
喋る側は、大変気を遣ってしゃべります。
それでやっと、ありのまま伝わります。

本来はそういうものかな、と思います。

東洋思想と西洋思想…確かに。
そのようなあり方ですよね(^^)
和が融合していく…
素晴らしいです。

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ありのままの姿見せるのよ…


アナと雪の女王が、大ヒットを続け、
世界歴代アニメ興行収入ランキング1位となったそうです。

なんとなく、わかるような気がします。


映画館に行く時って、当然ですが、
観たことがないものを、観に行きます。

ということは、
その作品のことが、真に好きだという人が多いかどうかの問題とは、

少し別のところに、ヒットの原因があります。


鑑賞が終わったあとの、一定のランク付を、
鑑賞した人全員に聴いた場合のランキングと、

必ずしも一致するわけではない。


皮肉ではなくって、純粋に、そんなことを面白いなぁ~と思います。


私は、アナと雪の女王をどうしても観ようと思った理由は、
予告編で、エルサが『Let it go』を歌うシーンを観たからでした。


話のあらすじは問題ではなく、
このシーンに至るまでの、彼女のストーリーを感じたい!

と強く思ったからでした。


そのくらい、あのシーン、歌には、
希望があったと思います。




Let it goの歌詞にもしきりに出てくる、
〈ありのまま〉という言葉。


私は以前から、ありのまま、ということへの定義が、少し、人と違うように思います。


本当のじぶん。

本当のじぶんを出し切るということ。


怠けたり怯えたりして、踏み出せずにいる今のじぶんのままでいい、
ということではなく、

本来のじぶんが持っていた素敵さを、そのまま発揮しよう!
ということだと思っています。


こう思うようになったのは、以前にもブログでご紹介したことがありますが、
大好きな美輪明宏さんの言葉。


ありのままの私を好きになって!
と努力もしないでじぶんを主張するなんて、暴力よ。

畑で引っこ抜いてきた大根を、
ありのままを受け入れてと、砂がついたまま人の口に突っ込むつもり?

大根そのものの特徴、良さを生かせるような、
調理方法と、盛りつけをして、

さぁ召し上がれ、と言葉を添えて出すものでしょう。



ありのままのあなたで。

あなたはあなたで大丈夫。


この言葉に、あまりにも甘えそうになったときは、
自分自身、この美輪明宏さんのお話を、思い出すんです。


皆さんは、いかがお考えですか?


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



スポンサーサイト

コメント

ありのまま

愛子さん、もう東北ですか?
以前のブログにコメントです。

私はありのままの自分という表現が
余り好きではないのです。

美輪明宏さんがいうように
ありのままの自分を出して
努力もなしに受け入れてもらうなんて暴力よの
言葉も共感します。

ありのままの自分
本当の自分

ありのままの自分を隠して
生きていることを否定している人も
いますが、ありのままの自分って
何なのかを考えるとまた難しくなって
しまいます。

私はありのままの自分でもいいのだけど
それで満足してはいけませんよという
ことなではないかと思うのです。

日本の華道、茶道、武道などの道を
歩む人に完成や満足はありません。
満足してしまったらそこでおしまいです。

日本の精神は無限にらせん状に成長する
精神です。時には休息もありますが、
やはり死ぬまで修行、成長だと思うのです。

匠の世界でこのままでいい、
ありのままでいいなんて思うことは
ないと思います。

ありのままでいいのは、少し休息する
時なのではと思っています。

またありのままとは自然体、
作為のない状態だと思います。
これは東洋思想、哲学の基本だと
思います。

人の手がかけられていない自然な状態
ありのままの状態を理想とした
東洋思想があると思います。
どのような状態もありのままですから
悪く言えば改善、改革、成長がないので
東洋思想と言えます。

逆に西洋思想は成長、改善を目的と
してきました。よりよくなるために
人の力を信じてきたのです。
悪く言えば自然破壊になりました。

このありのままの東洋思想と人の
力を信じてきた西洋思想を統合するのが
日本の和の力では無いかと最近強く
思うようになってきました。
両方のバランス感覚が大事です。
バランス感覚も和の力です。

和、異質なものを一つにする力
日本の和ってやはりスゴイです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

昇華させる・・

コメントありがとうございます。
そうですよね。昇華させること。
生まれたままの、ありのままの、
自分の素晴らしさを、最も輝かせるために、
努力が必要。そんな風に思います。

仕事でアナウンス業務をしていますが、アナウンスは、
ニュースをなんとなく聞いている人にも、すんなりと、内容が入ってくるように、
ありのままに聴こえるようにするために、
喋る側は、大変気を遣ってしゃべります。
それでやっと、ありのまま伝わります。

本来はそういうものかな、と思います。

東洋思想と西洋思想…確かに。
そのようなあり方ですよね(^^)
和が融合していく…
素晴らしいです。

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。