日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

亡くなった方の気持ちを引き継いて喜んで生きる

愛子さん、とうとう東北ですね。
ワクワクして大変じゃないかと思います。

日本のために、愛する人のために亡くなった人たちの心を引き継いでいくこと。
今は過去の流れであるものだから過去をキチンと知ることは大事です。
そしてキチンと過去を伝える人が必要です。
私もそうしましすし、愛子さんもそうあってほしいです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

ありがとうございます

過去をきちんと知ること。
自分の身体の中に流れるものの存在を知ること。
過去を知ることから得られる精神性であったり、
身体の成分を知ることからの自身を構成するものであったり、
とにかく知ろうとすることが、やっていきたいと思います。

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014.04.29

昭和の日に

今日も仕事でしたが、朝少しだけ、顔を出させて戴きました。


1日から行く東北に運ぶ、物資の積み込み作業。

柑橘類200ケース分。

ただし収穫時からみて、傷んでいるものも多いので、選別して積み込みます。


選別後180ケース程になったら、あとの20ケースには、
ほうれん草などのお野菜を積んで、東北を目指します。







このようなことを、震災直後からずっと続けている方々が、
この新居浜市内にもいらっしゃるということが、本当に、心から嬉しいです。

東北の方が、少しでも、喜んでくださったら…
そう願いながら…


今回、その場に立ち会わせて戴けること、本当に嬉しく思います。

そして、出向く前からですが、今回の訪問は、私にとってきっかけであり、
これから、きっと何度も東北を訪れることになるだろうという予感がもう、しています。



さて。仕事では、取材が1件。

昭和天皇がお生まれになった日の今日、戦没者追悼式が執り行われました。


愛媛県知事、市長、国会議員、県議会議長、市議会議長、
そして県議会議員、市議会議員、市関係者、ご遺族団体の方々、
それぞれに献花をし、追悼の言葉を述べられる。

そして最後に、会場にいらっしゃるすべてのご遺族の方々が、献花と祈りを捧げます。



「日本国家存亡の危機に際し、
 身を挺して国のため、家族のため戦い、志半ばにして散った英霊の方々のうえに、
 今の私たちの暮らしがあることを、
 私たちは、永遠に忘れることがありません。
 二度と同じ過ちを繰り返すことのないよう、堅くお誓い申し上げます。

 今なお、世界では紛争や戦争が絶えず、
 日本でも、まだ癒えることのない傷に苦しむ東日本の方々が大勢いらっしゃいます。
 英霊の方々にも恥じることのないよう邁進してまいりますので、
 どうか、私たちを見守っていてください。」


次々に、壇上の前に集まるご遺族の方々、その手をあわせる姿に、胸が熱くなります。

手を合わせ祈る日本人の姿というのは、かくも美しいものか。


ご遺族の方々の目には、今も、
出陣していったご家族の、友の、恋人の姿が、焼き付いているんです。


「勝ってくるぞと勇ましく、誓って国を出たからにゃ、手柄立てずに死なりょうか~
 進軍ラッパ聴くたびに、瞼に浮かぶ旗の波・・・」


軍歌が私の耳にも、聴こえてくるようでした。

今思い起こしても、こみあげてくるものがあります。



生かされている私たちは、毎日を、笑顔で、有難く、幸せに、過ごすべきです。


その皆の笑顔と幸せが、これから先もずっと続いていくように、

大人の私たちには、笑顔でいながらも、取り組んでいかねばならないことが沢山あります。



東北から帰ったら、その翌週は、仕事で東京です。
延泊して、東北と同じく、ずっと行きたかった靖国神社にも参拝させていただくつもりです。

誓いを立てるのに、
私にとっての一番適切な場所が、英霊の方々のいらっしゃる場所のような氣がしています。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






スポンサーサイト

コメント

亡くなった方の気持ちを引き継いて喜んで生きる

愛子さん、とうとう東北ですね。
ワクワクして大変じゃないかと思います。

日本のために、愛する人のために亡くなった人たちの心を引き継いでいくこと。
今は過去の流れであるものだから過去をキチンと知ることは大事です。
そしてキチンと過去を伝える人が必要です。
私もそうしましすし、愛子さんもそうあってほしいです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

ありがとうございます

過去をきちんと知ること。
自分の身体の中に流れるものの存在を知ること。
過去を知ることから得られる精神性であったり、
身体の成分を知ることからの自身を構成するものであったり、
とにかく知ろうとすることが、やっていきたいと思います。

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。