日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

手土産

愛子さん
私も以前、手土産って気を使わせるかなと思っていましたが、、最近は変わりました。
気を使うことってある面大事なことです。
気は使い過ぎてもいけませんが、気を使うことの大事さを教えるのを大事ですね。
形だけの手土産が問題であると思います。
人の家にいくんだから手土産必要だなあと形だけ思うならやめた方がいいですね。
素直な気持ちでもって来られたら素直に受け入れましょう。
親しくすると気を使わなくなりますが、
時には親しきなかにも礼儀を持つことも必要です。
セッションだから手土産はいらないというのも一つの考え方ですが、いただいた手土産を一緒に食べるとさらに仲良くなれていいですよ。
手土産を持ってきていただいた方には素直に神様が私にお客様を通してものをくださると喜んだ方がさらに楽しいかなと思うのです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

なるほど・・・

神様が、お客様を通して私にくださったもの…
それはとってもいいですね(^^)
そのように素直に受け取ってみます★

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨夜は仕事のあと、
久しぶりに自宅にて、ことだまセッションをさせていただきました。

やはり家に来ていただいて行うのは、
落ち着いて、ゆっくりとお話ができてとてもいいです。


ただ、来てくださる方にはお気を遣わせてしまうようで、
手土産などをお持ちくださることも多く、申し訳なく思います。

これからは、自宅でのセッションの場合、
くれぐれも手土産などのお気遣いなさらぬようにと、
申し添えるようにするべきかな、とも考えています。


人のお家に行くのに、手ぶらでは行けない、という考え方、
日本人のとても素敵なところだと思います。

が、これはセッションですので、ふらりと遊びに行くような場合と異なり、
持ち合わせていなくても、何ら気にしていただくことではありません。


家に、

訪れてくださる方は、

音連れてくださる方。


『お客様は神様です』の言葉通り、

例え話でもなんでもなく、
訪れてくださるお客様は、それだけで、神様なんです。


昨日セッションに来てくださった方も、
和室に入ってから、【訪れの家ノート】を読んで、驚いていらっしゃいました。

「えー。音連れ… 私も神様なの?」



日本で神様といえば、音とは切っても切れない関係。

神社にお参りするときも、ずっと音を伴いますよね。


境内に入るまでに、ジャッジャッと玉砂利を踏みしめて、
柏手高らかに打ち鳴らし、鈴の音を響かせる。

お賽銭を投げ入れて、チャリンと音がする。


すべてに音を伴います。


音連れの神様に、おうちに来ていただける用意、
人が沢山来てくださるおうちって、いいですね。


私もまだまだですが、
自宅に人をお招きできるようなこと、もっと考えていきたいなぁと思います。


昨夜お持ちくださったお菓子。
ハタダさんと、みきゃんのコラボ。そしてイラストレーターseikoさんとのコラボ。

可愛い(*^_^*)

ありがとうございました。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






スポンサーサイト

コメント

手土産

愛子さん
私も以前、手土産って気を使わせるかなと思っていましたが、、最近は変わりました。
気を使うことってある面大事なことです。
気は使い過ぎてもいけませんが、気を使うことの大事さを教えるのを大事ですね。
形だけの手土産が問題であると思います。
人の家にいくんだから手土産必要だなあと形だけ思うならやめた方がいいですね。
素直な気持ちでもって来られたら素直に受け入れましょう。
親しくすると気を使わなくなりますが、
時には親しきなかにも礼儀を持つことも必要です。
セッションだから手土産はいらないというのも一つの考え方ですが、いただいた手土産を一緒に食べるとさらに仲良くなれていいですよ。
手土産を持ってきていただいた方には素直に神様が私にお客様を通してものをくださると喜んだ方がさらに楽しいかなと思うのです。

2014.05.01  ことだま教師  編集

なるほど・・・

神様が、お客様を通して私にくださったもの…
それはとってもいいですね(^^)
そのように素直に受け取ってみます★

2014.05.06  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。