日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

たしかにそうですね~
僕もあの世には何も持っていけないんだから・・・って思ってました。新しい気づきありがとう!

2013.06.28  よだっち  編集

よだっちさん

いえいえこちらこそ、いつも有難うございます。
そうなんですよね。
次か、そのまた次か、いつかお会いできる時までのお約束。
出来事も、人も、出逢いはとにかく、
いつかの世に繋がっていくと思うから(*^_^*)

2013.07.01  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

必死になって掴み、守ったって、富も名誉も、
この世で得た物、何ひとつとして、あの世までは持ってはいけない。

たったひとり、元の世界へ還ってゆく。
何も持たずに。


だけど私、見つけちゃったんです。
向こうにも、持っていけるもの。



それは、「出逢い」です。


『袖振り合うも他生の縁』

という言葉があります。

他生とも、多生とも書きます。
多少ではありません(*^_^*)


道で、すれ違い様に袖が触れ合うほどの、些細な出逢いをする人でさえ、
いつかの世で、出逢ったことのある人だ、という意味です。

昔むかし、歩くことしか移動手段が無かった頃なら、
出逢える人の数や範囲は、とても限られていたでしょう。

けれど世が進み、
文明の利器が増えていくにつれ、
移動手段だけではなく、通信手段さえ加わって、

今の世で出逢える人の数や範囲というのは、
まさに無限に広がっています。

生まれ変わる度に、
出逢える人の数が増えていくのも、なんとなく頷けます。


今、エレベーターで一緒になったこの人でさえ、
いつかの世で、出逢ったことのある人なんだろう。

そんな風に思ったら、毎日が愉しくて仕方ないですね。

初めて出逢う人は、誰もが皆、
「うわぁ~すっごく久しぶり!やっとまた会えましたね!」
という奇跡の再会なのだとしたら。


そして、
そんな出逢いのひとつひとつを、
大切にしていったら、
きっとまた、いつかこの先の世で、出逢えるから。

だから、あの世に持っていけるのは、
あの世に続いてゆくストーリーをつくるのは、
この世での出逢いだなぁ~と思います。


出逢いを大切に、という意味は、
エレベーターで出逢った人にも話しかけ、
親しくならなければならないということではありません。


必要な人に出逢ったなら、
深く関わることが定めであった人に出逢ったなら、

気がつけばそう、
深く関わることになっているから。

安心して、毎日をにこやかに進もう。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
有難うございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

たしかにそうですね~
僕もあの世には何も持っていけないんだから・・・って思ってました。新しい気づきありがとう!

2013.06.28  よだっち  編集

よだっちさん

いえいえこちらこそ、いつも有難うございます。
そうなんですよね。
次か、そのまた次か、いつかお会いできる時までのお約束。
出来事も、人も、出逢いはとにかく、
いつかの世に繋がっていくと思うから(*^_^*)

2013.07.01  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。