日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2014.05.13

今を生きる

『今を生きる』 というと、


過去の

喜びも、楽しさも、悲しみも、辛さ、恨みがましい気持ちも、


未来の

大切なことへのワクワクも、願いも、不安も、心配も、


すべてを置いて、


今、ここ、に精一杯生きる。


良き言葉のように思います。


大切なことは、これから先、どうしていくか。


だから、
良くも悪くも、過去に囚われて、過去の延長線上の未来を生きてはいけない。


良くも悪くも、未来を気にしすぎて、今に集中できなくてもいけない。


未来は、
今、この瞬間の、積み重ねでしかないから。

この今、この瞬間に、積み重ねていくことにのみ、
強く、集中していなければ。



とらわれない。


そのためには…

結局のところ、ゆるすしかないのかもしれません。


いかなることも、ゆるすのです。


ゆるすことができるようになるためには…

すべては、ひとつだということを、知るよりほか、ないのかもしれません。


あなたも、私も、あの人も、
あの木も、この猫も、

すべては、ひとつなんだと…



誰かのしたあのことは、
私の一部。


ごめんなさい。

ええ、いいのよ。


すべてのことは、ひとつだということを。



ほんの10秒間、

この花を見つめて、ただその美しさを、感じてみたら。



ありがとう。咲いてくれて。

いいえ。私のできることをしているだけ。

ありがとう。




だけれど、日本語って不思議ですね。

今を生きる、ということも、

今が良ければ、ということも、

ほんの少し言葉を変えただけで、
似ていることなのに、全く違うことになる。



ほんの少しだけで、逆の意味に思えることがある。


ただ、溶け合いたいだけなのに。


時に言葉も何もなく、ただ感じることができたなら…


そう、思うことが、あります。



さて、明日から東京出張です。

今月は、
先週北陸・東北、今週東京、来週関西と、日本を横断!

幸せだなぁ~


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。