日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

おつかれさまです。

愛子さん、
あと一週間ですね。
ホントにおつかれさまです。
私もブログを何年も続けたことはありますが、内容を結構手を抜いたりしていたので続きましたが、愛子さんはキチンと内容も吟味して書いていたので大変だったでしょうね。
愛子さんと違って私は名前の通り、
見切り発車ばっかりだったのでキチンと準備してやることを今、学んでいます。
名前のことだまは受講生の方の質問や疑問に答えながら作られてきました。
時代がちょうど追いついてきたかなあと思うのですこれから楽しみです。
今日、ネットを見ていたら美しい日本もいいけど普通の日本も知りたいと書いてあってホントにその通りと思いました。
ことだまで言えばハレとケですね。
普通の日本のよさ、普通の日本語の良さも伝えていきたいです。
何もない一日もいいものですね。

2014.05.19  ことだま教師  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

あと、1週間。


先が長いと思った日も、沢山たくさんあったけれど、
ここまで来てみると、やっぱり早かったなぁ。


いつからか、
ブログは、書き溜めをすることなく、毎日書いて、アップする。

と決めて、
ただし1年間は、と思ってきました。


お付き合いの飲み会で深夜に帰宅し、
お風呂に入ると明け方になり、

布団にくるまって携帯握りしめ、なんとか書こうとふんばって、
気づけば朝になってしまったことも、一度二度ではなく。

それでもその朝と、夜とに書いて、毎日分として書き、


どうしても、今日は書けない…
と、気持ちが落ち込んでどうしようもない時も、
一度二度ではなく。

それでもなんとかかんとか、言葉を紡ぎ…



だけれどそれというのは、
私に限ったことじゃなく、どなたでもそうだと思います。

Facebook、Twitter、ブログ、
何か常に発信している人の多くは、

単なる愚痴や批判のようなことを垂れ流すのは、公害だと、認識しているから、


本当には、
心の奥で感じている葛藤や苦悩があっても、

楽しいこと、楽しそうなこと、
素敵なこと、綺麗なこと、美味しいことを見つけて、

発信しているから。


結果として、誰もが、

「皆は、楽しそうでいいな。」

そんな風につい、思ってしまうのでしょう。

まるで、自分だけが、辛い、かのように。


SNSが身近な存在になって一層、

人を羨む傾向が増えた、ということも、あるのかもしれません。


けれど考えてみればわかる通り、

人も、自分も、あの人もこの人もみんな、
いいことばかりがあるはずはないのです。

見えている部分だけが全てじゃない。


もっともっとみんな、
いろんなことを抱えて生きている。



この1年近く、
どんなことがあってもとにかく毎日。

と、自分との約束を守ってこられて。


【未完成でも進む】


という、自分の苦手としていたことを、少しは出来る、
自分を許せるように、なったと思っています。


最初は苦痛でした。

こんなしょうもない記事を書くくらいなら、書かないほうがいい。
と、何度も何度も思ったことがあります。


それでも、
どんな状態でも進むこと、
とにかく続けること。


自分との約束であり、記録、訓練として、
とってもよかったなぁ~と思っています。


365日目のブログを書いたあとは、今度は、

本当に、書きたいこと、書きたい時、
本当に、ブログとして残しておきたいことだけを、

ブログに書く。


気が進まないのに書く、ということは、もうしません。

今度は徹底的に、自分の気持ちに正直に。


固まっていなくても、ふんわりしていても、書いてきた、これまでと違って、
今度は、

書いた時というのは、本当に、皆さんに読んでほしい!
という気持ちで書くと思いますので、

その時はぜひ、読んでやってください。


いよいよあと1週間というのに。

特別なことは何も書けない、今日なのでした。


でもね。

どんな自分でもいいよね。

そんな風に思えるようになることが、
実はとっても、大事なことだったのかもしれません。


だいじょうぶ。

わかってくれる、見てくれてる人も、きっといるよ。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






スポンサーサイト

コメント

おつかれさまです。

愛子さん、
あと一週間ですね。
ホントにおつかれさまです。
私もブログを何年も続けたことはありますが、内容を結構手を抜いたりしていたので続きましたが、愛子さんはキチンと内容も吟味して書いていたので大変だったでしょうね。
愛子さんと違って私は名前の通り、
見切り発車ばっかりだったのでキチンと準備してやることを今、学んでいます。
名前のことだまは受講生の方の質問や疑問に答えながら作られてきました。
時代がちょうど追いついてきたかなあと思うのですこれから楽しみです。
今日、ネットを見ていたら美しい日本もいいけど普通の日本も知りたいと書いてあってホントにその通りと思いました。
ことだまで言えばハレとケですね。
普通の日本のよさ、普通の日本語の良さも伝えていきたいです。
何もない一日もいいものですね。

2014.05.19  ことだま教師  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。