日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う


無表情に流れ行く人波の中
あなたに会えたのは、なぜだろう

出会うことの無い僕たちならば決して
言葉交わすこと無く過ぎ去っていただろう

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う


目の前に居る人がそこに居て
当たり前になっていた

あの日あの時「奇跡」とも言える瞬間が無ければ
笑い合うこと無かったよ


こんなに沢山の感情分け合ってきたのに
全て無かったかもしれないと想うと

怖ささえ覚えるよ
ほんとに会えてよかったよ

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う



あの日生まれなかったら
あの街に住んでいなかったら

あの電車に乗ってなかったら
あの日が休みじゃなかったら

あの会社じゃなかったら
あの学校に行ってなかったら

あの日晴れてなかったら
あの夜星が降ってなかったら


あの時話し掛けなかったら
あの時気付いてなかったら

あの時覚悟決めなかったら
あの時叫んでなかったら

あの時別れてなかったら
あの時「好き」と言ってなかったら


痛み喜び感じずに僕は

あなたを知らないままだった


数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う



大切なあなたへの歌を唄いたい


人として出会えたこと痛く幸せに想う



【人として/ロックバンドおかん】





出逢ったときから仲間として応援してきた、
ロックバンドおかんの代表曲のひとつ【人として】


改めて、この歌を聴くとき、歌うとき、

本当に偉大な歌だなぁと思います。



インディーズでありながら、

大阪城ホール単独公演を成功させ、
台北で10万人のステージで歌い、

なお、原点にかえって路上で歌うような彼ら。


この歌は本当に、路上が似合う。



どんな人の、どんな人生も、すべて、みんな、
きっと、

こんな風なはずです。


誰ひとり欠けても、
何ひとつ違っても、


あなたがこれまで、

喜んできたことも、嘆いてきたことも、

どれひとつ欠けても、



今のあなたはここに居ない。



すべての出逢いは、寸分違わずに起こっているんだなぁ~



時にとんでもなくドラマチックに感じる出逢いもあったし、

さも出逢えたのが当たり前かのような自然な出逢いもあった。


けれどそのすべてが、大切だった。

後になった今では、すべてが必要だったと感じる。


どんなに遠回りでも、
まるですべては、今への時間調整だったかのように。


だから。


今起きている出来事も、
どんな風に私がいま感じていようとも、

すべて、必要な出来事だ。



明日は、陽子ちゃんと京都に向かいます。

陽子ちゃんと出逢ったのは、
ロックバンドおかんの大阪城ホール単独公演LIVE当日。

旅の目的は、将平くんのボクシングの試合観戦。


将平くんと出逢ったのは、
嵐山駅に私が間違って乗り込んだから。

間違って乗り込んだうえに、
盗撮に遭うという稀な出来事が起きたために、

近くに乗り合わせた将平くんが止めに入ってくれたから。


素晴らしい青年だ~、と、
その後ロックバンドおかんのLIVEに連れてったりしました。


明日、彼の同じ高校出身の先輩、
金メダリストの村田諒太選手のアンダーカードとして、
プロ12連勝目を賭けた戦いです。



人との出逢いというのは、本当に不思議ですよね。

一体、どこで、何が起きるのか、予測できません。



あなたの今、身近にいる、

あなたによく、小言を言ってくれる、

あなたのことを、誰よりも愛してくれる、

あなたがこの世に生を受けたいちばん最初の瞬間からこれまで、

ずっとあなたを見守り続けてくれている、

あなたのご両親とも、


寸分違わずに、あなたは奇跡の出逢いを遂げています。


そもそもその奇跡が無ければ、


何も、無かった。


すべて、無かった。


私たちが今ここに居られることは、

武者震いが止まらなくなる程に、本当に、


奇跡が幾重にも幾重にも幾重にもかさなっていて。


あなたの存在そのものが、

眩いばかりの奇跡に包まれていて、輝き過ぎて直視できない程だということに、氣づきます。


そしてそんな奇跡のようなあなたと、
奇跡のような私が出逢うなら、


もう、言葉では表現しようのない、奇跡ですね…



だから、すべての人は、光なんですね。





人として出逢えたこと、痛く幸せに思います。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


人として/ロックバンドおかん人として/ロックバンドおかん
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。