日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「傷けられた… つらい…」

もしもあなたが、そう感じた時は、
どうか、思い出してほしい。


その人は、怖がっていたんだってことを。


自分が攻撃されるんじゃないか、って。
自分が傷つけられるんじゃないか、って。
自分の居場所が無くなるんじゃないか、って。

その人は、恐れていたんだ。


恐れから、冷静さを失うと、人は、様々な行動に出る。

その人が恐れ、苦しんで、
どうしようもなくなった結果が、

現象として今、あなたの目の前で起きているだけ。


だから。


抱きしめてあげよう。

愛してると伝えよう。


私は誰も傷つけたくはないんだ、と。

怖がらなくてもいいんだよ、と。


私たちは、戦いたくなんかないんだ、と。


傷つけられたからといって、
傷つけ返そうなんて、言わないで。


どうか、惑わされないでほしい。


私たち日本人は、そのような国民ではない。

私たち日本人の象徴である天皇陛下ならば、そのようなことは仰らない。


お金を得るために、権利を得るために、戦いたくなんかない。


平和のために。

いつか、世界中の人たちが、笑い合える日のために、
いつか、お金という概念が消えることのために、

今は、

地球環境を良くし、人の身体を正常に戻し、誰もが望んだように幸せを得ることに、

そのための手段へと、来る日も来る日も、力を注ぐ。

人に笑われても構わない。

私を誤解した人たちが、私の元を去るだろう。
私はそれでも構わない。


平和のために。



私たちはひとつ。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


……………………………………………


Scratch kicked the can ... painful ..."

When If you felt so,
How, I want you to remember.


The man, that 'Cause I was scared.


Do not you yourself being attacked, me.
Do not you yourself are hurt, me.
Do not you there is no place for him, me.

The man, I was afraid.


From fear, to lose his composure, people go on a variety of action.

The person is a danger, and suffering,
How even lost as a result try to be,

Now as a phenomenon, and only what is happening in front of your eyes.


So.


I'll hug.

Let's tell you that I love.


I'm not want to hurt anyone, and.

'm Good without scare, and.


We, I do not softened want to fight, and.


And just because injured,
It is! To return hurt, you do not say.


Whether, and please do not be misled.


We Japanese, not such a nation.

If we are a symbol of Japanese Emperor, it is not Osshara is such a thing.


To obtain money, in order to obtain the right, but not something to want to fight.

For peace.

Someday, people all over the world, for the laughter dress day,
Someday, for that concept of money disappears,

Now,

That to improve the global environment, successfully returns the body of the people, to obtain happiness as everyone wanted,
Very hard I pour the force.

I may be laughed from people.

I who misunderstood me, leave from me,
I do not mind such a thing.


For peace.


We are one.



Even today,
Fortunately I live country of Kotodama
Taking advantage of me,
Thanks you. Aiko


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。