日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんにちは!晴天の7月5日☆

7月5日、ななこ、ということで、
魚子(ななこ)という文様があることから、語呂合わせで
『江戸切子』の日、ともされているそうです。

切子独特の繊細で美しいカッティングには、
ウットリすると同時に、

こちら側にも、
最低限のシャンとする心構えが必要な気がして、こちらを凛とさせてくれる。
その程よい緊張感が、なんともお洒落です。



江戸切子の、切子は、
カッティンググラスという意味で、
もともとはヨーロッパから伝わってきた技法。

鎖国中の江戸時代、キリスト教圏の国々との貿易は無かったものの、

出島への船来品には、オランダのものが多く、
ヨーロッパ文化の影響を大きく受けていたオランダの影響が、

江戸時代の日本にも伝わり、

今にも立派な日本の伝統工芸として残る、芸術のひとつです。



ヨーロッパと江戸の文化が融合するのを手のひらに感じながら、

静かな縁側に足をのばして、

朧月夜をいつまでもぽぉーっと見上げる…


そんな夏を過ごしてみたいですね。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
有難うございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。