日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

近年海外から、日本人の、
『侍魂』や『武士道』というものに、改めて注目が集まり、

震災発生時の、日本人の行動(配給を並んで待つ、地下鉄でも綺麗に並ぶなど)
に対し、世界から賞賛の声があがりました。

このことの、どの部分に、世界は驚き、尊敬してくれたのでしょうか。


ひとことで言うなら、『公の精神』です。

【我が身よりも他者を思いやる気持ち】
【秩序を守りみんなが気持ちよく過ごせることを大事にする】



武士道というものに関しては、
さまざまな考え方、解釈があります。

私は、
自らの立場や命よりも他に、
大切とする物を持つ人の考え方だと思っています。

精神性を指すため、マニュアルが無いですが、

『我が心に聴いて、まことの道を歩むべし』

であると思います。


たとえば梅谷忠洋氏著の「武士道の智恵」では、武士道を10の言葉で表しています。


 1.仁:苦しんでいる人の隣にいて、苦しみを共にすること

 2.義:相手に迷惑を掛けないこと

 3.礼:他人に対する思いやりを形で表現すること

 4.智:知っているだけでなく行動に移すこと

 5.信:義と誠を身につけることで自ずとついてくるもの

 6.勇:社会や他人に不愉快な思いをさせないこと

 7.誠:嘘をつかないこと

 8.名誉:名を汚さぬ心

 9.廉恥:自分の未熟を悟り、恥を知ること

 10.忠義:義があれば自ずとたどりつくもの



日本人は曖昧で、意思がハッキリしない、などとよく言われますが、
本来、

本当に大切なことは、
じぶんの中の愛に、まことに、良心に従い、

行動するということは、
できる人種であるはずです。



参院選が近いです。

いい加減に考えず、
まことの心で、お天道様に恥じない心で、
真剣に知り、選び、行動しましょう。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
有難うございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。