日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

お中元、という言葉。

よくよく考えてみると、いかにも中国的な言葉です。


古代中国の宗教、道教が教える、三元節のひとつ。

旧暦1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元。

これらの日は、「神様に供え物をして祝う日」であったのです。

中でも中元は、
善行により罪を償う、贖罪の日とされ、
庭で火を炊く習わしがありました。


この風習が、日本に伝わり、
時期がお盆と近いため、

「先祖の供養」と、夏のお見舞いの意味を込め、
品物を贈る風習ができました。


今では、お世話になった方や知人に贈るのがお中元。

せっかく贈るなら、
そのお相手の方に対しても、
そのお相手の方のご先祖様に対しても、

お贈り物をさせていただく、という気持ちで、
お贈りしてみてはいかがでしょうか。


そういえば、私も思い出します。


おばあちゃんは、いつでも、
お客様からのいただきものは、まずは、
仏壇にお供えして、
暫くあってから皆でいただいたものです。

いただきものは、ご先祖様への物である、
ご先祖様のお陰さまのものである、

おばあちゃんは知っていたのでしょうね。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
有難うございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。